世界はいつも新たな視点をくれる
立て続けに千葉・茨城沖で地震が起こってますね。
東京にいても頻繁に揺れを感じます。みなさん気をつけて。





もう一週間くらい前の話になるけど、僕の中国語の先生が中国から帰国したので、地震以来一ヶ月ぶりに会って来た。

震災の時に日本にいて、一度本国に非難してからもう一度日本に戻ってきた外国人と話すのは初めてだったので、色々と興味深い話もありました。

この中国人の先生、日本に来て25年くらいで、もう日本人と結婚もして家庭もあり、ほぼ日本人と同じようなメンタリティなのですがさすがに今回の事はショックも大きかったらしく、外国から今、日本と日本人がどういう風に見られているか、かなり熱く語ってました。

ま~中国人の反応は海外の中でも割りとパニック的というか、日本人以上に大慌てしている感じもありますが(僕から見ると)、お隣の国なのでそれはまぁ当然といえば当然で、特に政府と、保安院とか行政側の対応と言うか、情報公開にはものすごく不信感を抱いている感じがありました。

一方で、パニックや略奪が起きないとか、これだけの災害の中でも規律ある行動が取れている日本人は、本当に凄いし尊敬する、という見方は中国人から見てもすごく感じているようで、日本人はすごい、でも日本政府はヤバいのでは?というある種矛盾した意見がある様子。




その他にも外人ならではの発想と言うか、考え方と言うか、なかなか日本に住んでる日本人はそういう風に感じないような~という意見もあったりして面白かったのですが、一番考えさせられたのはその先生は家族と、仕事と、生活の全てが日本にあるので戻ってきたが、そうでない中国人はもう日本には来なくなるのでは?という話。

色々な場面で今回見られた「日本特有のリスク」を考慮してまで日本に遊びに来るとか、留学にくるとか、ちょっと出稼ぎにくるといったそういう中国人はかなり減ると思う、と言っていました。

僕自身も、そうかもな…と心のどこかで思うことはあります。

ヨーロッパやアメリカの友人もすごく日本を心配し、応援してくれてますが同じアメリカでも例えばNYの人とLAの人とでは結構反応が違うというか、やっぱり西海岸の人は多少なりとも放射能のリスクを意識してる感じだし。

なかなかこれだけ、原発の事態が長引くのは誰も予想出来なかったので心配は不安へ、不安は疑念へと、気持が変わっていくのかもしれない。




まもなく、原発の周辺は警戒区域に指定されます。

既に非難している方も、これからさらに別の場所へと避難される方も大勢いらっしゃると思いますが、どうか一日でも早く、心配や不安のない当たり前の「日常」が戻ってくるように、祈ります。



みんなが健やかであることを願って。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ぱんだちゃん
なんというか、毎日ホントTVってのは色んな事を伝えようとするな~と
呆れながら点けてるけど見てない、という状態の僕ですが、
今日のトップニュースはなんといっても、パンダ!
ぱんだ、こぱんだ、こぱんだ♪ by宮崎駿
それにしても、四川省から檻に乗せられたパンダが、空路上海に向かい
そこで一旦飛行機を乗り換えて、まもなく成田に到着します、とか
成田から上野に向けて現在都内を阪急阪神交通のトラックで移動中、とか
どんだけヒマやねん(笑)
パンダもお疲れだろうからそっとしておいておやりなさいよ…。






なにを隠そう、僕はパンダ大好きです。
中国に行った時も、もう現地のスケジュールの合間を縫って必ず
動物園に駆けつけてしまうくらい、好きだぜ。
しかしパンダってのは、沢山いる動物園の動物の中でも
もっとも愛嬌がないよなぁ。愛嬌がないっていうか、媚がない。
あいつら延々と笹食ってるか、寝るだけだからね。
お客さんである人間に、全く関心がないと思うのよ。
餌をくれる飼育員に人にすら、やや関心がある、くらいじゃないか。
笹にしか興味ないんだよ。異山路で。
上野に来るのは3年ぶりということで、まぁちょうどリンリンが
亡くなる直前に見た、って人はかなりレアだと思うので、
関東近郊に住む多くの人が相当長い事パンダを見てないか、
一度も見た事ない人もいるかもしれないな。
先に言っておくが、本物のパンダは、たれない。
決してたれないから、そこ注意な。
というわけで、来月末に一般公開されたら是非みんなで
パンダ観に行きましょーう。






仕事に戻ります(笑)。
このエントリーをはてなブックマークに追加
初登校
今日は今年初めての中国語学校に行ってきました。
去年末にblogに書いた目標も再び確認しつつ、さりとてどういう風に
勉強したらよいのやら~とまた一つ悩んだりもする。
英語に関して思うのは、やっぱり実生活でどれだけ使っているかで
身に付き方もかなり変わってくる、というのが僕自身の体験なんだけど、
なかなか日本で暮らしていると、中国語をバンバン話したり見たりする
機会も少ないので、今年はその辺をどうしようかと考えている。
やっぱりQQをもうちょっと真面目にやるかな….




中国語の曲を作るってのはどうだろうか??(作詞、作曲)
曲はまぁ、別に何語でも同じなので問題はないが、
作詞となるとかなりハードル高いかな…?
あとメロディの譜割とかどうすればいいんだろう。。。
てか、誰が歌えるんだろう(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
帰国しました~
遅ればせながら、無事に中国から帰国してまいりました。
ここんところは状況が状況だったので、結構周りからは心配されたり
そもそも何でこの時期に行くの?みたいな反応もあったけれど
実際行ってみると、予想通り(事前情報通り?)全然大丈夫でしたよん。




今回は上海を中心に滞在していたんだけど、その中でも今まで行った事の
ない周辺の都市、杭州とかに初めて行けたのが良かった。
上海は当然大都会なんだけど(東京より都会かもな~)、その周辺の
200キロぐらい離れた所の街もやっぱり結構都会で、驚いた。
発展のスピードはまだまだ上がるだろうし、何せ国土が日本と比べて
桁違いに広いので、人が住んだり働いたりする場所は幾らでもある。
行くたびに思うけど、日本の報道で言われているような「バブル」的な
部分はホンの一握りの場所、人だけであって、そこが弾けてお金持ちの
人が多少の損を出したとしても、国全体に不況や、停滞が訪れるのは
ずっとずっと先だろうな、と思う。ホント勢いあります。





あと日本で報道されているような「反日」的な感じも全然なかった。
こちらが日本人と分かるやバンバン日本語で喋りかけてくるし、
その為に、つまり日本人と接点を持って(主に商売上の)関係を繋げる為に
日本語を勉強してる人がホント多いな~、と思う。
僕も今年から中国語学校に通ってはや11ヶ月勉強している事になるが
正直向こうの人とペラペラ喋れるほどには全然なっていないし、
かと思えば、地元の人が使うような魚市場のおっさんが普通に日本語で
喋りかけて来たりして、つい日本語で返してしまう自分がいたりする。
何の為に勉強してるんだ~、とすごく反省。
ま、いずれにせよ中国人は物事をかなり合理的に考える人が多いので
何の得にもならないような「反日感情」を(仮に心の奥底に持っていても)
表に出すような人はほとんどいない。APECのニュースで管首相が喋ってる
内容も普通に報道していたけど、全然批判的な事は言ってなかったしなぁ。






そんなこんなで、9月以降日本国内では「対中感情」がほぼ最悪になっている
この時期ですが、僕自身は周りとちょっと違う感覚を感じています。
勿論あの漁船の船長とか、その後の中国政府の対応とかはとんでもねーなと
思うけどね。ただ、外交という面からみれば日本側のやり方、事後処理も
相当マズイことやってると思うし、情けなさもある。
どうしても国の勢いはこっちより向こうに分があるので、日本は政治的に、
外交的にキチッとやる事をやらないと、いつかやられちゃうよ。
言うまでもなく、多くの人が感じている事だろうけど…。
そんな事を考えさせられた旅でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加