未来福袋
2008年の仕事初め、かと思ったらすぐに週末で、まだまだ正月気分が抜け切れません(笑)。みんなは良い一年のスタートが切れましたか?

愛媛から戻って、すぐに日曜日の柏LIVEリハーサル。その合間に初詣したり、初売りを冷やかしてみたり。今年のデパート初売りは例年にまして沢山売れたみたいで、福袋とかも毎年どんどんゴージャスに、お楽しみ感が増えてきてる印象。どのお店もやってるもんなーみんなは自分のゲットした福袋にどんなものが入ってたらHAPPYですか??

今年2008年を大きな福袋に見立てて、一体何が、どのくらい入っていたら幸せだろうか想像してみる。自分の未来って、中に何が詰まっているのかは開けてみなくちゃ分からない。それが楽しみであり、場合によっちゃリスクでもある。だから人によっては、積極的にその中身を取り出そうとする人もいるし、そうでない人もいる。

多くの人がお正月の福袋を楽しんで買えるのは、その中には確実に何かが詰まっている(カラやハズレはない)から、そしてその中身を開けて知るのが楽しいから。それが本当にお得な福袋だとしたら、やっぱり誰でも欲しくなるでしょ?(笑)

見えないもの、開けてみなけりゃ中身を知る事が出来ないものでも、それを手にした時のわくわくを、僕達は本能的に知ってる。だからこんなに沢山の人がドキドキしながらお正月の福袋を買っていると思うんだけど、どうだろうか。僕らの未来もきっと同じで、その手で開けてみなくちゃ楽しみはきっと味わえないんだよ。

今年一年が、色んな楽しみやら、驚きや、感動が詰まった福袋であるように。わざわざ並んで買わなくても、誰より大きな未来の袋を、もうその手に持っているんだ。あとは開けて、ひとつひとつ掴んでいけばいい。そういう未来のイメージを持てば、恐れることはなんにもないはずだよね。

それでは、明日のLIVEでまた沢山の人に会えるのを楽しみにしています!
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加