ことばの力
一月も最後の週。て事は今年もあと11ヶ月か!(早)
いや~外は寒い@nisaです。






今日は某民放の番組で”カンブリア宮殿”ってやつを見まして、
航空会社の、ANAに関するドキュメンタリーでした。
その会社の会長である、大橋さんという方のインタビューや軌跡が
非常にタメになりました。率直に言えば感動しました。
次々に降りかかってくる組織に対するピンチや困難をどう乗り切るか。
「失敗を恐れない」
「チャレンジ、挑戦し続ける」
「最後に大事なのは心意気、そして魂」
と、俺がこうして文章にしてしまうとなんだかなぁですが
番組を見ていたら、もの凄く説得力ある力強いメッセージでした。
あと、スピード感をもってどんな変化にも対応し続ける、
というのもあったなぁ。
そうでなけれな、生き残れない。
実際に数々の苦難を切り開いてきた人が言える台詞だと思います。
それにしても、俺も飛行機に乗るときはほとんど
ANAに乗っているような気がするんだけど(安いから)、そんな会社の
危機がほんの数年前まであった、てのが驚きでした。
でも、どこの世界も、どんな組織も同じかもしれませんね。
もちろんひいては、個人も同じ。
勝ち組負け組みなんて言葉が自虐ブームに乗って流行りもしましたが、
そういう事ではなく、諦めずに続けていく事こそが
一番の結果であり、誇れる事なのかもしれません。

「挫折や失敗をした事がないということは、
何ひとつ自分はやってこなかったという事と同じ」

「成功した、とは失敗し続けても諦めなかったという事」

ん~グサグサ来るなぁ(笑)。





例えばさ、好きな人に話しかけたいと思っても声をかけられないのは、
やっぱり相手にNOといわれるのが怖かったり不安だからで、
恥ずかしいとかとても手が届かないとかで自ずと諦めるのは
一番勿体無い、残念な事かもしれないよね。






と…"カンブリア宮殿"の後に"あいのり"を見た俺は思うのでした。
ん~繋がってる。。。って、TV見てないで仕事しなさい!(笑)
こんな俺が言ってもたいした説得力もないけれど、
みんなも何一つ、恐れたり不安に思ったりしなくていいと思うよ。
ただ自分の思ったこと、願った事を"やれば"いいんだよ。
どんな時も、誰でも、一瞬で自分自身を変える事が出来る。
"やろう!"って思うことでね。
ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加