記憶の残し方
先日、実家の断捨離(大掃除)を手伝っていた際に、どこでどう時空がねじれたのか(中二病)、自分が18歳の時にバイクで北海道から九州の鹿児島まで縦断した際の日記が出てきた。
日記というか小さな手帳に一日づつ記録をつけたメモのようなもので…それを書いたこと自体は覚えていたが、流石にどんなことを書いていたのか、旅の細かい出来事は全く覚えていなかったで、まー興奮しながら読んだよね。

文字の筆跡はもちろん、文体というか書き方の癖まで今と全く一緒…今も毎日日記は書いているけれど、それと比べても全然違和感がないので驚く。
普通は18歳ごろの日記なんて読んだら「かーっ!何言ってるんだこいつ!」と真っ赤になるぐらい恥ずかしくなりそうなものだけど、現在の自分と全く変わらないのというのも。。。
当時から達観していたのか、それとも未だに子供みたいということか。
毎日バイクのガソリン代がいくら、食費が一食いくら…と1円単位でちゃんと記録しているのも今の自分と全く変わらない(笑)

そんなわけで、18歳のバイク日本一周という体験が、まるで昨日今日のような感じで思い出せて楽しかったのだけど、よくこれがまだ残っていたなぁという驚きと、ちゃんとこういう日記やメモを残しておいた自分にものすごく感謝した。
当時やっていなかったら、後になって、まして今からこの当時を思い出したり、心境をつづるなんてのは不可能なわけで。
本当にミニサイズの手帳で、引き出しの奥深くにしまわれていたのが功を奏したが、ちゃんと捨てないでくれた両親にも感謝しなければならない。(もっとも、両親もこのメモの存在は全く知らなかったと思うけど)

今この現代に思うのは、こうやって手帳なりなんなりに旅の記録や、普段の日常についてだって、記録して残しておくというのはものすごく意味がある。
必ず何年後、何十年後に見返した時に、普段感じることのない大きな感情の動きがあるはずだから。
ただ、手帳とかってやっぱり物理的になくしてしまったり、捨ててしまったり、紙だから破れたり劣化もある。
なので、テキストやデータとしてハードディスク上に、あるいはクラウド上に残しておくのが一番だろう。
もちろん当時はそんなものなかったので出来なかったが、今ならそういうテクノロジーはいくらでもある。
しかも無料で。

写真やビデオも全くその通りだ。
このバイク旅の時の写真もほんの少し残っているが、当時はもちろんデジカメもスマホもなく、「写ル〇です」みたいなインスタントカメラ(懐かしすぎる!)で風景や出会った人との写真を撮っていた。
でもインスタントカメラだから、現像してみたら上手く取れていない写真も沢山あったり、そもそも撮る枚数だって一枚いくらでお金かかった時代だから、一か月間かけて日本縦断して、27枚とか39枚しか撮っていないのだ。動画なんてもちろん撮ってないし。
今から考えると信じられないよね?

最近そういうことをかなり考えていた時に、ちょうどこの手帳を見つけてしまったものだから、改めて自分がどこに行ったとか、何をしたとか、誰と会ったとか、そういうのは記憶以外にもちゃんと残した方がいいよなぁと強く感じた。
昔はそれをやるのにお金も、技術も、労力も大変掛かったので出来なくてしょうがなかったけれども。
今はそういう事が、昔の何百倍も手軽に、誰でも出来る。
早速、この旅日記の内容を全部テキストで起こしてクラウドに保存しようとしているのだけど、つくづく私ってマメというか暇人だなぁと思う(笑)
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック