T君へ
数日前の話になるが、同じ年齢の、学生時代から知っているミュージシャンが亡くなった。
学生の時は同じバンドでセッションやライブもやっていた古い仲間。
学校を卒業してからは連絡も取っておらず、会ったりもしていなかったが、それは僕が同窓会や結婚式などの場所に一切顔を出さないことが原因であり、何か気まずいことがあったりわだかまりのようなものがあったわけでは決してない。
そんな彼と、もう2度と会うことも話すことも叶わなくなってしまった。

葬儀にも参列させて頂いたが、何だかあまりにも現実感がなくて、信じられない気持ちと、もう彼がこの世にいないという事に対して実感がいまだに持てないでいる。
聞くところによると、亡くなる前日にもライブで演奏していたそうだ。だから僕のような疎遠だった人間はもちろん、近しい人にとっても本当に突然の出来事だっただろう。
ご家族、ご親戚の方の心中を思うと、本当に言葉も見つからない。
心からお悔やみ申し上げます。

前日まで元気だった人が、ある日突然この世から亡くなってしまう。
しかも自分と同じ年齢、世代の人が。
初めてのことではないけれども、やっぱり人の死というのは突然に訪れるものなのかと、ずっと考えている。
自分自身も、ここ数年に死についてぼんやりと意識はしているが、そういうことを考えても考えていなくても、それはある日突然やってくるのかもしれない。
自分の死は辛くないけれど(自分なので)、自分じゃない他の人の突然の訃報は、いつも本当につらい。
R.I.P.
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック