前代未聞
ついに10連休が今日からスタート。

普段、平日も休日もない生活をもうずっと続けているので、正直普通の人が感じるこの10連休のインパクトを同じくらい感じれられているかは微妙なのだけど、それでもやっぱりこれは一生に一度あるかないかの出来事ではないかと思う。
実際には、途中に平日も挟むし、サービス業を含む多くの仕事は10日間休み続けるわけにはいかないだろう。
それでも、国家行事の一環で10日間連続で休むというのは…やっぱり異例だ。
僕が良くいく郵便局も今日から6日月曜までお休み。昨日は長蛇の列になっていたが、まさか10連休するとは思ってなくてびっくりした(笑)
あとは銀行窓口とか、東京証券取引所もお休み。でも自分の思いつく範囲だとそのぐらいか…?
地方になると、大きな工場とかは途中で動かす方が逆に非効率的になるので、10連休が基本という話もある。

前例のないこの長期間のお休み、僕にとっては嬉しいとかワクワクよりも不安や恐怖の方が全然ある。
まず、日本以外の国は全て通常通りに動いているわけで、これが大晦日~正月の時期であればまだ理解もされるけど、世界中のほとんどの人は日本が10連休だと言ってもその理由が理解できない。
そもそも、世界中で観ても3連休以上ってのはすごく珍しいほうで、通常のGWやお盆休みでさえ毎度説明に苦労するのに、どうやって説明すれば「日本は10日間連続でお休み」を理解してもらえるか、ちょっと考えつかない。

だから海外からみても、日本のビジネスとかかわりのある人は「10日間も休むってマジ?」みたいな、かなり不安な感じで受け止められている。
東証がいい例で、世界で3番目に大きい取引高をもつマーケットが10日間もぽっかり穴をあけてしまうと、その間に別の取引所で、あるいは世界のどこかで情勢が大きく動いた時に、どんなインパクトがあるか想像できない。
日本国内では問題なくても、グローバルに何かかが起これば、当然それは日本にも関係してくる。
あんまりそう言うことは日本のメディアで言われないけれども。

そんな感じで、これから10日間、とにかく無事に過ごせることを連休初日から震えて祈っています(笑)
平成から令和へ。改元することも、新しい天皇が即位することも大変おめでたいことだと思っていますが、この10連休はとにかく平穏に過ごせるといいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック