新しい楽器
IMG_6747.jpg


Roli Seaboardという楽器を最近購入した。レコーディングやミックス用の機材はしょっちゅう買っているけれども、楽器を買うのは数年に1度あるかないかなので、珍しく写真も上げてみる。

で、このキーボードの上に載っているグレーの小さなキーボード(?)的なものがそれなんだけど、いったいどんな楽器かというのを文章で説明するのも大変なので、下に貼ってある公式のYoutube動画を見て下さい。



何とも説明しづらいのだけど、キーボードから鍵盤がなくなって(それってキーボードじゃないよね(笑))、シリコン製のタッチパッドのようなものを押したり、横に動かすことで音量や音程を表現するというもの。
パッと見は鍵盤風のガイドが書かれているのでキーボードっぽく見えるのだけど、各キーはほんの少しの段差があるのみで音程もつながっているので、例えばピアノやキーボードで「ド」の音を弾いたらドの音しか出ないけれども、このSeaboardは指で押す(弾くっていうより押す)場所が少しでもズレれば音程もほんの少し上や下に揺れてしまう。
鍵盤のように見えて、実際にはバイオリンやフレットレスのギターのような諧調のない楽器に近い感じではないかと思います。

なので、ピアノのように両手を使って複数の音を同時に弾くよりも、指一本でメロディを弾くことの方がずっと適していて、音量や音程に関する表現力はキーボードよりも遥かに高いです。その分めっちゃ難しいけど。
この動画でやっていることはほぼ同じように僕でも弾けるようになった。めっちゃ練習する必要あるけど(笑)
自分で弾いた動画をアップしようかと思ったけど、撮影やFC2動画に登録しないといけないのが面倒でやめました。

楽器のカテゴリーとしては鍵盤楽器になるのだろうけど、実際に弾いてみた感覚としては全く鍵盤楽器、キーボード的な感じはなくて、この楽器自体をかなり練習しないと、いくらピアノやキーボードが弾けてもほとんど関係ない(弾けない)なぁと思いました。
流石に今からこれを今度のライブで導入するのは無理なので諦めますが、明らかに制作よりもライブ演奏向けの楽器なので、いつかこういった楽器をライブで披露して目立ちたいなぁと思いました。←
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック