衝撃
電気グルーヴのピエール瀧さんが麻薬取締法違反で逮捕された。
ニュースを知ったのは昨日の朝イチだったが、あまりのショックに昨日は何も手が付かなくなり、もちろんblogにも書けなかった。

近年は俳優、声優、タレントとしても目覚ましい活躍をしていただけに、その衝撃や対応についての混乱が多く報道されているが、僕にとっても瀧さんは日本の音楽、J-Popの中で最も好きなミュージシャンの一人だ。
まぁ公式に「電気グルーヴの音楽担当じゃない方」ということなので、はたしてミュージシャンと呼んでいいのか分からないが、俳優やタレントとしてではなく、やっぱり音楽やグループでやっている時の瀧さんが本当に好きだった。(俳優としても好きだけど)
だから本当に今回の報道は衝撃で…直接の知り合いでもない芸能人が薬物で捕まっても別に無関係だと今までは思っていたが、今回はつらい。これがファンの気持ちというものか。

過去にこのblogでも何度か薬物について書いてきたし、もちろんその度に強く批判してきたが、それでもなおこうした事件、薬物に手を染める芸能人、有名人は後を絶たない。
芸能人だけでこれだけいるのだから、一般人でクスリやっている人なんて相当な数いるのだろう。
コカインはドラッグの中でも高額の部類で、一回の使用量で1万円弱くらいが相場だ。多くの芸能人が手を染めた覚せい剤は4、5千円なので倍以上コストがかかる。
でもこの金額を聞いて、「意外と安いんだ」と思う人は多いはずだ。一回数千円、高くても1万円くらいなら、一度試しに…と考えるのはむしろ一般の人の方かもしれない。
もちろん、そこから依存症になり、離れられなくなることがドラッグの恐ろしさなのだけど、このハードルの低さは大金を稼ぐ芸能人でなくても簡単に踏み越えてしまいそうなものなのだ。

だからこそ、ありきたりだけど「一体なぜ」と考えてしまう。
芸能人として目覚ましい活躍をして、大金も稼いで、家族もいる。同じグループの仲間もいる。
その全てを裏切って、壊してしまうことになるのに、何故。
いくら考えても自分には理解できないし、答えも出ない。
いつもなら「ドラッグ、ダメ、絶対!」で簡単に結論は出るのだけど。
他の芸能人(お笑い芸人)の人もツイートしてしていたが、今回の報道は「訃報よりつらい」。
ミュージシャン、バンドマンとしての自分で考えると、今、同じグループの石野卓球さんがどんな気持ちでいるのか。
元メンバーとは言え今も強い繋がりを持っている砂原まりんやCMJK、現サポートメンバーのagraphがどう思っているか。
とにかく胸が痛い。なんでこんなことになっちゃうんだろうね。。。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック