書くこと
昨夜は北海道・胆振地方で去年に続き比較的大きな地震があった。
半年足らずの期間で大きな地震が続くとは、とても心配である。
夜が明けて、昨日の発生時には分からなかった現地の情報も少しづつ分かりつつある。
被害に遭われた方が元通りの生活に早く戻れることをお祈りします。

ここ数日、体調もすこぶる良いわけではないが、それ以上に悩みなのが「blogに書くことがない」。
毎年この時期は同じこと言ってる気がする~と思って、自分の10年前のblogを読んだら同じことを言っていた(笑)
でも10年だよ?僕は10年間一体なにをしていたのでしょう??ってなるよね。
朝起きて、なるべくテンションの高い午前中からやるべきことや作業を始めたいので、結局そのままblogを書かないことが多いが、そんなに忙しそうにしているなら何か書くことの一つや二つくらいあるだろう、と。
無いんだな、これが。

でも自分が今現在を生きているのか、それとも未来を見据えて今生きているのか、あるいは過去を振り返りながら(思い出とか)生きているのか、よく分からなくなることがある。
大切なのは未来であり、一番どうでもよいのは過去だとアタマでは理解しているものの、それだと「今を生きて」いないんじゃない?と思うこともあり…
年齢のせいか、「過去志向」もどんどん強くなっているようなので、そこら辺も自分で改めたい。
いずれにせよ、blogを書くというのは割と過去志向な所がある。
大体の場合、「いついつに、こんなことをして~」と常に終わったこと、完了したことを書くのが普通だ。
「今こんなことをしていて~」と書くなら、Twitterのようなメディアの方が向いているのかもしれないが、自分には向いていないなぁと思う。
blogでも、未来を見据えて「いつかは〇〇をする、したい」という風に書くことはもちろん出来るが、なかなかそういう視点が持てなくなってきているのかも。
性格なのか?それとも年齢なのか??
前向きなblgoが書きたいっす。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック