犯人はアレ
折角海外ギャップから体調が戻ってきたと思っていたら、連休最後の昨日は食あたりで一日ダウン…
我ながら情けないが、本当に立つことも出来ないくらい酷くて、意識は飛びそうになるし救急車呼ぼうかと思うくらいだった。
一日経って、今はもうほとんど大丈夫。なので自戒の意味も込めてblogに書いている。(笑)

食あたりと食中毒、厳密には違う用語らしいのだけど、原因がウィルスや細菌によるものとはっきり分かっていないので(診察を受けてないので)、ここでは食あたりとしておく。
何を食べて食あたりになったか、ということも確実にアレだと断定できないのだけど…
16日の夕食後はまだ大丈夫で、寝る前くらいからなんか調子が悪く、疲れかパソコンのやりすぎだろうと思って早めに寝たら、翌朝6時くらいから猛烈な悪寒と吐き気、眩暈に襲われるようになった。
なので、その時間差を考えると夕食(自分で作った)か、夕食後に間食したものということになる。
賞味期限や調理方法を考えても、いまいち思い当たるフシがない。基本的に全て加熱してるし、生ものや期限切れのものも食べてない。
と、飛びそうな意識の中で考えることしばし、ふと思い当たったものが…!
犯人は…アイツだっ!



麦茶、である(多分)
この夏は熱中症予防に大量に水分を取っていたが、アイスコーヒーや紅茶だとカフェインの取りすぎになってしまうため、自分で麦茶を作ってそれを飲んでいた。
どこにでも売ってる、パックのやつでお湯だしするアレね。
知識がなさ過ぎて恥ずかしくなるが、麦茶は飲料としてはかなり腐りやすいらしく、特にお湯だしして作る麦茶は温度経過の都合もありものすごく傷みが早いらしい。
Googleで「麦茶 食中毒」とかで検索するとまー沢山出てくる。早く教えてよ!w
冷蔵庫で保存しても3日くらいとか言われているので、僕が作った麦茶は何日前のものか全く覚えていないが、テーブルの上に容器ごと置きっぱなしだったし(常温)、多分アレだろうな…
まさか麦茶がそんなに早く腐るとは知らなかった。うーん不勉強すぎて本当に恥ずかしい。。。
飲んだ時の味で分かるでしょ!?って話だけど、そういうのは元来全然分からないのよね。味音痴?
てかもう一生麦茶は飲まない(笑)。自分で作ることはもうないっ!

書いてて本当に恥ずかしくなるが、いつかこのblogも自分で読み返した時に役立つよう、自戒の念を込めて。
Webで検索する限り、どうやら常識らしいので皆さんは大丈夫だと思います。笑
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック