涙のチケット
ワールドカップ開幕まであと2週間を切り、僕の手元にも無事に全ての試合チケットが届きました。
写真でアップしようと思ったんだけど、今回はチケット自体にロシア入国ビザ(査証)が含まれているということもあり、どんな個人情報がバーコードとか数字に記載されているか分からないので、怖くてやめました(笑)

非常にしっかりした厚みのある台紙に、お札のようなホログラムや特殊インクを使用して作られており、高級感はかなりあります。
てか実際にチケット価格が高価だしなぁ…。
https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20171205/679362.html
早速ネットで調べた各会場の座席表と自分のチケット番号を照らし合わせてみたのですが、ものすごくフィールドからは遠いク〇席でした(笑)
前回のブラジルの時もそうだったけど、基本座席は自分で選べないので、とにかく買ってみて現物が届いてからじゃないと分からないのよね。

ヨーロッパのリーグ戦の場合は、イギリスのプレミアリーグ、ドイツのブンデスリーガ、スペインのリーガエスパニョーラも全部自分で買って行きましたが、ものすごく細かく座席のクラス(値段)が分かれていて、自分の観たい席を納得して買うことが出来る。
というか音楽のコンサートも、舞台も、基本的に海外は全部そうだよね??買って現物来るまで席が分からないってのは日本くらいではないだろうか。
なので、ただでさえ非常に高価なワールドカップのチケット、しかも4年前同様に〇ソ席(失礼)ってことで、笑うしかないんだけど、不思議と腹が立ったり悲しくなったりてことはない。
試合がよく見えるかどうかは自分にとってあまり関係ないのかもね。

いやー楽しみになってきた!
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック