不吉な予感
ほんの少し前の記事でアメリカ経済のバブルについて触れたら、ついにNYダウ市場で2008年のリーマンショック以来となる大暴落が起きてしまい、そのショックを受けて日本も含めた世界中の市場が同時株安を引き起こしている。
俺のblogは予言の書かっ(笑)
しかしながら、ここ数年はずっと上昇基調で上がり続けていたこともあり、一日で相当に下げたとはいえ、その分も含めればまだまだパニックになるような状況でもない。
引き続き実体経済は好調とみて、さらに強きを継続する人も多いだろう。
さてここからどうなるか…。僕としては、やっぱりちょっとバブルなんじゃないかなと思っているが、思惑通りにいかないのが市場経済だし、昨夜のNYは少し戻したとはいえ、ここから数日~数週間は目が離せない状況となっている。
でも為替がそんなに動いてないんだよね~。


そして昨夜未明、台湾の東沖でマグニチュード7近い地震が発生した。
東部最大の都市である花蓮市がもっとも震源に近く、被害もかなり出ているようだ。
で、ニュースでもやっていた市内中心部にある倒壊してしまったホテル、僕が数年前に花蓮を訪れた時に泊まったホテルなのです。。。
もちろん花蓮には人生でその一回しか行ったことがない(そのホテルで1泊しただけ)ので、なんという偶然というか恐ろしい…
けが人も多数出ているようだが、未明の発生だったためまだ状況がよく分からない。(今の所日本人の犠牲者は出ていない)
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック