草津・白根山
大雪の日からしばらくblogが空いてしまったが、あの日はblogを書いた午前中の予想よりも遥かに降雪量は多く、東京でも10cm以上~20cm近く積もった。
もちろん一歩も外に出なかったけど(笑)、窓からみる景色はここが東京だと信じられないくらいだったね~。
その雪が、数日経った今も至る所に残っている。柔らかくて綿のようだった白い雪が、カチカチに凍って道路の至る所で危険な状態に。
でもって今日は、何十年ぶりの低温注意報。記録的な最強寒気らしいです。
まぁマイナス4度くらいだったら、大雪でも降らない限り大した影響はないと思うんだけど、みなさん寒さで体調を崩さないようにお気をつけください。


大雪よりもさらに驚いたのは群馬県にある本白根山の突然の噴火。
ニュースを聞いた当初、てっきりついに白根山が噴火したのかと勘違いしたが(以前から注意されていた)、まさかの本白根。
どちらも同じ草津にある隣同士の山とはいえ、本白根山の方が噴火するとはおそらく誰も全く予想出来なかっただろう。
でもってここには、報道でも伝えられている通り草津国際スキー場があり、その営業中の噴火であったため大変な事態となってしまった。
奇跡的にも、スキー場ゲレンデ内でスキーを楽しんでいた人の中から死者や行方不明者が出なかったことは、本当に良かったと思う。
またこれは悪い意味で偶然、近くで訓練中だった陸上自衛隊の隊員の方が、噴石に当たり亡くなってしまうという事故が起きてしまった。
この時期にあそこで自衛隊が雪山訓練していたなんて…亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

この草津白根山の周辺、そして草津国際スキー場にも、僕は何度も訪れている。
冬のスキーはもちろん、夏に行ってもすごくいい所だ。草津と言えば温泉、だけれども、白根山は少しだけ離れており、温泉街に行かずともこの辺を登山やスキーすることで十分楽しめる。
現在も草津温泉街およびスキー場は休むことなく営業中だが、本白根山には入山規制がかかっており、これから観光客の激減は避けられないだろうな…
数年前の御嶽山の噴火もそうだけれど、火山の噴火は人間の力じゃどうにもならない。予知もほぼ出来ないと思っていい。
だからその自然の災害の前に、どうにも出来ない無力感を感じてしまう。
地震や津波だって同じだけれど、なんというかまだ備えというか、意識して準備することが出来る。
でも火山噴火はなかなかね…。山から離れるしかないけど、日本みたいに至るところに山だらけだとそれも難しい。

冬のスキーも夏の登山も大好きな僕としては、なかなか今回のような自然災害は考えさせられる。
自分が行っている最中に起きたらと思うと、怖いよね。。。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック