プライオリティ2
前回の続き。


楽曲や音楽にとって大事な部分に労力を使い、それほど重要でない部分には拘泥しない。
数年前に、ゼロからどれだけ短時間で一曲作れるかの練習をしていた時期がある。
何度かやってみた結果、僕のペース配分は大体以下の通りだった。
作曲1時間半、作詞30分、アレンジ4時間、歌録り1時間、ミックス1時間くらい。
これが一番効率的というか、これ以上早くは出来ない限界がこのくらいだった。(笑)
こういう練習をすることに意味はあると思うが、上記の時間配分は、音楽制作のプライオリティからするとおそらく正しくない。
多分一番ベストな配分は、作曲作詞:4、アレンジ:3.5、歌録り:2、ミックス:0.5、くらいだと思う。
聴く人の心に残る楽曲を作りたければ、アレンジと録りを0.5ずつ減らして作詞作曲にもうプラス1した方がより良いかもしれない。


自分の能力の限界が上の必要時間で表れているとするなら。
ミックスが最低1時間とすると、歌録りは3時間、アレンジは6時間、作詞作曲が10時間となる。
これだと1日一曲は絶対無理だ。でも作業としてはかなり早いし良い配分だと我ながら思う(笑)
もしもっと早くしたければ、ミックスにかける時間を減らす。でもミックスを半分の30分でやれたとしても、アレンジが半分の3時間には絶対ならない。
大事なのは時間数ではなくて、配分であり優先順位だ。


なんでこんな具体的な数字が言えるのかというと、大規模なコンペに勝って採用されるような曲は、大体こんな配分で作られているんだろうな~と思うことが多いから。
総時間でどのくらい掛かっているかは全く分からないけど、少なくとも作詞作曲の倍の時間をミックスにかけているとは思えないよね。
どうしても、得意な作業や好きな工程に時間をかけてしまうし、こだわってしまう。
そこを自分でコントロール出来るようになると、より色々なことはスムースになると思う。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック