時間と創作
今週末は3連休、そう思うと自然と気持ちがリラックスして仕事にもモチベーションが出てくる。
今日中にいまやっているやつを終わらせて、のんびりするぞ~。


完璧や100点満点を目指していたら、当然今日中には終わらないだろうし、連休もそれに掛かりっきりになってしまう。
分かっていても、以前はそういうことがよくあった。
今はそうじゃなくて、80点ぐらいで今日中に終えれば、週末のんびりすることも出来るし、新たな仕事をやることも出来る。要するに選択肢が増えるわけだ。
80点と100点の間の20点は、作っている本人からすれば非常に大きな差であるけれども、その曲を聴く人や受け手にとっては、それほど大きな差ではない場合も多い。
本人以外、ほとんどの人がその20点部分の差に気が付かない場合もあるだろう。
ここら辺をどう捉えるかが、長く音楽制作をやっていく時にとても重要だと最近思うようになった。
まぁ作ってる本人が80点でいい、ってなかなか言えないよね。「アーティスト」とかになっちゃうと特に。
でもね、その20点に延々とこだわるのか、そこを切り上げて(筆を置く、とも言うね)出来た時間でさらに次の音楽を作るのかは、アーティストにとってこそ大事だと思う。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック