情報ダイエット
カナダの大自然の中で過ごしていた間、半ば強制的に「インターネットからの情報ダイエット」をすることになった。
要するに、ネット経由での様々なニュースを見ない、聞かない生活をしばらく続けていたのだけど、今帰国してみるとやっぱり快適だったなぁと思う。


現地ではとにかくネットにつながる環境になくて、たまに繋がった時もかなり回線速度が遅かったので、とりあえずメールチェックだけして何もトラブルが起きていなければスマホをポイっとする時も多かった。
いわゆるメールマガジン等は読んでいないので、自ら日本語のニュースサイトにアクセスしない限りは、現地で日本の情報が入ってくることはほとんどない…ていうかテレビでは一回もなかったかな?あんまりちゃんとTVニュースを見ていたわけじゃないけど。
僕が向こうに行っている間、速報で知りたかったニュースは「北朝鮮のICBM発射、日本領空を通過してJアラートが発令した」という一件のみだったと個人的には思う。
サッカー日本代表のW杯出場決定とか、眞子様の婚約会見も大変おめでたいニュースだが、速報で知る必要はないと思うし。
あとは…24時間テレビのマラソンとか、芸能人が結婚したとか炎上したとかいうのは全く知る必要がない。


日本に帰ってきてもその生活を続けられたらいいんだけど、やっぱり難しい。
メールチェックするにも、このblogを書くにもPCを立ち上げなきゃいけないし、メールアプリやブラウザ立ち上げた時点で日本語の情報ってのは沢山入ってきちゃうんだよね…まぁついサイトを観ちゃう自分も勿論悪い。
情報やニュースって、ほとんどのものは自分にとって不必要で、それによって自分の脳や心が疲労したり、判断力や集中力をそがれているってのは重々分かっているんだけど、やっぱり都会に生活して、ネットもテレビもそばにあるような環境にいるとそれを意識的にシャットアウトするのはかなり難しいと思う。
僕なんかどこにも出かけないで一日中自室にこもっていられるけど、仕事や学校で必ず外に出ないといけない場合がほとんどだから、そうなるともっと難しい(ほとんど不可能?)だよね。
でもやっぱり、カナダにいた時はほんと快適だったんだよなぁ。気候もあるけど、視覚と聴覚の両方がすごくリラックスしていた。
そうそう、旅の最中音楽もほとんど聞かなかったから、耳から入る情報もやっぱり少なかった。向こうはレストランにしてもスーパーにしても、BGMって流さないからね。
あとは現地の人との会話ぐらいだけど、まぁ言ってることの半分くらいしかよく分からないし(笑)
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック