80:20の法則
やるべきことを一つずつ、って自分では分かっていても、どれが本当にやるべきことで、その中でどういう風に優先順位をつけていくか、やっぱり難しい。
「80:20の法則」として有名なパレートの法則があるけれど、全体の2割に労力や時間を注ぐことで、成果の80%が得られるというのは、経験則としては確かに分からなくもない。
けれどもこれはもともと労働資本に関する学説なので、「法則」というほど何にでもあてはまるものではなく、日本では「20%の商品が全売上の80%を占める」というような感じでやや間違って広まっている。
20%を選択して、そこに時間を集中させることは確かに重要だが、その20%が一体何なのかを即座に判断して見極めるのはなかなか難しい。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック