6年目
3/11日。東日本大震災のあの日から6年が経ちました。
改めて、震災で亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。
また、家族を亡くされた遺族の方、家や財産を失った方、数えきれないほど多くの被災者の方が、一日も早く心穏やかな日々を過ごせることを心から願っています。

当時の出来事や記憶が心に深く爪痕を残して、今もそれを振り返れないでいる人、思い出したくない人は大勢いると思う。
その心情に慮ることは大切だけれど、6年という歳月が経った今、防災意識の点からも改めてあの日を思い出して、もし地震が起こったらどうするか、津波が来たらどうするか、原発はどうなのか、等々、日常的に意識することが大切だと個人的には思う。
6年という数字にはそれほど意味はなくて、3.11をきっかけとして、防災意識を常に持っておくべきだと思うんだよね。
やっぱり、そういうものが薄れていることで亡くなった方は本当に大勢いたように思うから。
太古の昔から、日本は何度も大地震に遭ってきた。津波や洪水も何度もあった。
大震災と同じくらいの地震や災害は、また必ず再び起こるだろう。いつかは分からないけれど、必ず。
それは自分が生きている間ではないかもしれないけど、だとしても、教訓を語り継いで防災意識を持っておくことは、誰かの命を救うことになる。
そんなことを考える、3月11日です。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック