次の打席に立つために
前回のblogで書いたばかりだけど、やっぱり圧倒的に勉強が足りてない気がする。。
純粋な意味での勉強やスキルアップだけだと収入を生まずにやっていけないので、働きながらその中で学んでいくというのが一番良いのだろうけれど、それだと追いつかないと感じることも多い。
働きながら学ぶって難しいよね。音楽の仕事なんて、その仕事の時にNGが出たり何かかが足りないと判断されたら、もう次の仕事は呼ばれないもんね。
だからいざ仕事が来た時には、もうベストの状態でバッターボックスに立てるように、その前に沢山素振りや練習をしておかないといけない。
音楽だけじゃなくてスポーツでもなんでも、そういう気持ちは常に必要だ。
でも素振りや練習はどんなにやっても収入を生まない。毎日素振りをして生活していくことは出来ない。
だから、もちろん必要なこととはいえ、一体いつまで、あと何回くらい自分は素振りをすればいいのだろう?みたいな思いを懐くことはたまにある。
そういう話はミュージシャン同士でもよくする。
でも自分は常にスタメンで、今のポジションや次のバッターボックスは当然自分のためにある、という自信をもった人もいるのだろうな。あまり会ったことはないけど。。
とにかく今日、今この瞬間に出来る事を精一杯やるしかない。練習であろうと、本番であろうとね。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック