ながらラーニング
普段どれだけ英語の文章や放送番組(テレビ等)を見慣れているつもりでも、やっぱり長時間続けて英語を聞いたり、読んだりするのはしんどい。
日本語でそれと同じことをするのとは集中の度合いが違うのだろうか、、、例えば日本のテレビは何か別の事をやりながら流しておいても、なんとなく意味が理解できるというか別にそれが苦痛じゃない。
一方、英語のテレビ番組をそういう「ながら聞き(ながら試聴)」するのはいまだに難しいというか、やっぱり頭に入ってこない。
聞き取れないのもあるけど、全体として意味が入ってこないんだよな、集中しないと。
これを克服するために、とにかく何か別のことをやりながら英語を流しっぱなしにして大雑把に意味を掴む訓練をしている。
でも日本語のテレビ番組も、画面をみなくても意味が分かっているようで、実はほとんど聞いていない(見ていない)のかもしれない。自分の興味関心があるワードが聞こえたその瞬間だけ「ん?」って意識が向いているだけで。
この辺は脳の反応にも関わってくる話なので、難しいところだ。

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック