衝撃
日曜日以降、非常に調子が悪い。体調もさることながら、メンタル的にも…
それもこれも、関東がいつまで経っても梅雨明けせず微妙な天気だからー!先週の連休中には梅雨明けすると思っていたのに、もう水曜だぜ。。。



相模原で起こった大変な事件に、日本中が大きな衝撃を受けた。
亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、今も病院で治療に当たっている怪我人の方が少しでも回復することを祈っています。
事件後の報道によって、決して突発的に起こった防ぎようのない事件ではなく、その十分な予兆が数ヶ月も前からあったことが明らかになっている。
施設内に監視カメラを置いたり、犯人の両親に監視勧告を出したり、対策を全くやっていなかったわけではないが、とはいえ警察や行政がもっと事前に対策をとることは出来たように思う。
一番難しいのは、既に犯人は数ヶ月前に措置入院の処分を受けて、その時点で薬物反応も出ていたことだ。
こういう人が2週間ばかりの拘束のあとで、「もう危険性はない」ということで普通に実社会に戻されるようなことがあるのだろうか??
よっぽど大人しくして、害のないような演技を上手くやっていたのかもしれないが、その判断下した人(医師?)の責任は極めて重いように思う。
衆議院議長への予告手紙についても同様だ。とにかく、もっと何か出来ることはあったのではないか。
再び事件の続報を待つ。

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック