未知の領域
ここの所立て続けにミックス、ミックス、レコーディング、ミックスという感じで、忙しいのは大変喜ばしいことなのだけれど、自分の曲製作がほとんど出来ていない。
まー、仕事ってそういうものなんだけれど、ちょっと心に違和感というか、焦りの種を感じる時もある。出来ていない、という感覚。
オリジナル曲作ったって一銭にもならないんだけど、やらないとこういう感覚になるのは我ながら不思議だ。



ミックスも、得意だからって何でもホイホイ出来るわけではなく、時には壁にぶつかったり、なかなか上手くいかなくて苦しむときもある。
特に自分のやってこなかった領域でのオーダーがあると大変だよなぁ。イチから情報収集してすぐにそれをフィードバックしないといけないし。
他の仕事も、なんでもそうなのだろうか。社会人なり立てならともかく、もう結構いい年齢になっても、仕事で自分の知らない領域で悩み苦しむことなんてあるのか?
色々経験して、社会人としても人としても成長していくものだとは思うけど。。



どんなことにせよ、新しい経験や知らなかった領域を「楽しい」と感じることが出来たら、人生はすごく充実して楽しいものになるだろう。
人は本来、知らないものや経験してないことは「怖い」のだ。それが動物的な本能だと思う。
けれど、人間と一部の知能の高い動物(チンパンジーとか?)だけが、そういう未知なるものに対して「好奇心」を持っている。好奇心は「怖い」と「でも知りたい、体験したい」がグラデーションのように重なり変化する、大変興味深い感情だ。
好奇心とか新しいものに自ら飛び込む勇気みたいなものは、ほとんどの動物が持っていない。人間だけが、それを伸ばしていったからこそ今の人類の歴史がある。
って、なんかすごい壮大な話になってしまったけど(笑)
要は、そういう体験や状況も、自分だけの特権なんだと楽しんで、わくわくするような心持ちでいたいよねって話。
そういうマインドを持ちながら、今日も作業を進める。そんな金曜日。

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック