旅する感覚
帰国からまだ数日だけど、週末をゆっくり過ごしたこともあり何とか通常モードに戻りつつある。
毎回、海外に行って帰ってくるたびにこの手の海外ボケになるのはなんとかならんかな…時差ぼけしてるわけじゃないんだ。食べ物や気候の違いでもない。そうじゃない何かのギャップがすごく大きくて、戻れなくなってしまう。


今回はドイツの西側をメインに、たまに国境を越えてルクセンブルグに行ったりするような感じで結構な距離を車を運転して旅した。
本当はベルギーやフランスにも行く予定だったけど、さすがに今の情勢を鑑みてパス。
でもドイツだけでも日本の何倍も広いから、観るところや行った所は沢山あったなぁ。
もちろん!人生初のブンデスリーガ(ドイツサッカーリーグ)も観戦してきた。今は日本人選手が沢山活躍していて、その中でもFCケルン VS FSVマインツ05という、共に日本人がフォワードを務めるチーム同士の試合を選んで現地観戦してきた。
海外のトップリーグで、日本人がフォワード(主にシュートして点を取る役目のポジション)をやっている、しかもスタメンで、しかも量チームとも!なかなかこれってすごいことなんだけど、サッカー分らない人にはピンと来ないか…笑
まぁとにかく、僕は海外でそういう風に日本人が活躍しているところを見るのが本当に好き。
出来ればオリンピックやワールドカップのように「日本から遠征して試合をする」のではなく、現地で暮らして、現地のチームで一人で奮闘している所を見るのが好きだ。
本当に胸が熱くなるし、心の底から応援したくなる。



サッカーも観たし、ドイツといえばクラシック!というわけでオーケストラのコンサート(オペラだけど)を鑑賞したり、ベートーベンの生まれ育った家を観に行ったり、音楽に関わる旅もしてきた。
そんなにクラシックに強い愛着があるわけじゃないので、その辺はイギリスやアメリカの方が自分には合っているんだけど、やっぱりその国や文化に長く根付いている音楽には感じるところがある。
あと、移動はずっとドイツ車を運転しての移動だったんだけど、iPhoneをカーステレオに繋げて自分の曲をず~っと聞いてたから、ドイツにいながら日本とあまり変わらないことをしていた笑。
他にも沢山の街や建物、自然の風景も見てきて、そのどれもが日本とは全然違うから、すごく刺激を受けた。
ヨーロッパの街の風景は、基本的に日本と似ているところがほとんどないと思う。
アジアはやっぱり日本と似ているところがあるけれども、ヨーロッパの場合は都会にいても田舎にいても、日本とは根本的な何かが違う。多分建物の古さなんだろうなぁ。



というわけで、今年はもう海外には行きませんが、またお金と時間があったらどこかへ行きたいなぁ。
何をしてきてるってわけでもないんだけど…ほとんど予定とかも決めずに、現地で動いているし。
それでも何となく、日本にいる時とは全く違う環境に一人で身を置きたくなる欲求がある。
じゃあ海外で住んでみれば、という話もされるけど、そうじゃないんだよなあ。それがすごく大変なことも十分分ってるし。
なんだろう…自分でもよく分らないこの感覚。
そして帰国して悩む。何も出来なくなってしまうというのもいつも通り(笑)。
今年もあと一ヶ月を残すのみとなりました。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック