得意なことと苦手なこと
今週はあまり天気が良くなくて、北海道では雪が降るところもあるとか。
そんな話を聞くと冬だなぁって感じがする。東京はなかなか雪降らないけど、なんだか雪の降る場所にいますぐ行きたい気分だ。



ここのところ連日ミックス作業が続いているけど、ミックスはやっぱり楽しいなぁ。
迷いなく、集中して作業に臨める。途中で煮詰まるようなこともほとんどない。
アレンジやってる時は煮詰まってばっかりだから、やっぱり経験やスキルの差なのだろうか。
毎日ずっとミックスばかりやってたら楽しいだろうな。。。いやそうでもないのかな?
先日、とある機会があって日本を代表するミキシング・エンジニアの方の作業場に行って、その作業をちょっと見せてもらい、お話を聞くことがあった。
年齢もキャリアも僕なんか比べ物にならないくらい上の方なので、それだけでも貴重な体験だったけれど、意外と普通というか、あーそういう感じなんですね、という感じ(?)だった。
アレンジャーや作曲家じゃなくて、ミキサーの人と交流をもつ機会ってのはあまりないんだけど(それはつまり僕もミックスをやるからで、立場がかぶってしまうのだ)、もともとそれ一本で生活できる人というのはどんどん少なくなっている。
今は作曲やアレンジをする人が自分の作ったものをミックスするケースがどんどん増えてきているから、今後ますますミキシング・エンジニアとして仕事をしていく機会は減っていくだろう、というのが共通の見解だった。
○十年もミックスやってると、自分が思いつくようなことはほとんどやりつくしたし、その中でどうすれば上手くいくのか、どうすれば失敗するのかも十分理解してるから、どんどん作業はルーチン化して早くなる、というような事も仰ってたなぁ。
おそらくだけど、ミックス楽しい!みたいなのは最早あんまり思ってないように感じた(笑)
そういうのはすごくよく分る。

僕がミックスしてて楽しいのは、ある種作曲やアレンジやるよりも「ラク」だからではないかと思うんだよね。
得意だし、自分のスキルに自信もあるし。
でもそれだけじゃダメだと思うし、苦手なことを頑張って克服してこそ…って思っちゃうのはドMなんだろうか。笑
というわけで、今日もひたすら室内で作業しております。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック