Translate Lyrics.
昨夜遅くにまた一曲完成した。素晴らしい充実感と共に目覚める。
これから次の曲の作業に入ると、また打ちのめされるんだろうな。


この歌詞を翻訳してくれ、と頼まれることがある。
洋楽の英語の歌詞を日本語訳するのをぱっと思いつくかもしれないが、実際はその逆で、J-POPの日本語歌詞を英語に翻訳して欲しいという外人からのリクエストが、実は結構ある。
J-POPは海外の音楽フリークの中でも、一部の非常にマニアックな人たちに聞かれていて、そういう人は日本大好きだったり、日本のアーティストやグループが大好きだったりする。
もちろんYoutubeなどで視聴して、日本語の歌詞をスラスラと歌えちゃったりもするんだけど、やはりその歌詞の意味となるとなかなか理解している人は少ない。
ま~同じ日本人でも、まったく意味の分らないJ-POPの歌詞ってのはあるわけで、いくら日本語に堪能でも海外の人がJ-POPの歌詞の意味を理解するのはなかなか困難だろう。
でも彼らはJ-POPが好きで、ファンだったりするので、どうしても歌詞の意味まで知りたい。出来れば自分の国の母国語で…というところだろうか。

僕も中学生の頃から沢山洋楽を聴いてきたけど、英語の歌詞の意味をちゃんと理解なんてしていなかったし、今でも出来ているとは言えない。
昔CDを買う時って、国内盤だと日本語訳のついた歌詞カードが付いてきて、輸入盤だと日本語訳がついてこない代わりに値段が安い、みたいなのがあったけれど、今はどうなのかな??
お金がなかった僕はもちろん輸入盤を買っていた。ていうか日本語訳詞が読みたい、知りたいなんて思ったこと一度もなかったような??
なんていうか、歌詞みたいな抽象的で婉曲的な文章表現を、文字通り正確に他の言語に翻訳するなんて不可能だと、中学生だった当時から何となく思っていた。
意味が知りたいなら自分で英語を勉強して、自分で翻訳=解釈するべきだし、まぁそれ以前に外国の歌手やバンドが何を言ってるかなんて全然興味なかったかも(笑)

でもこれって良く考えるとすごくヘンだ。だってJ-POPを聴くときは歌詞をものすごく重要視している。
歌詞が何言ってるか分らない邦楽は、なかなか真剣に聴く気になれない。逆にストレートすぎたり、何を言いたいのか分りすぎるシンプル歌詞も自分はダメだ。最近のJ-POPはほとんどそうだけど。
同じ音楽なのに、方や歌詞の意味を気にしなかったり、方や歌詞の内容を重視していたり。。。
これってワタシだけ??

で、話がそれたけど、歌詞の意味や内容を重視する外国の人から、このJ-POP曲の歌詞を翻訳して教えてくれ!っていうリクエストが来ることが最近多い。
そういう場合、僕がどれくらいの英語のスキルを持っていて、また僕がどれくらい音楽的なスキルを持っているか(例えば自分で作詞作曲しているとか)も知っているからこそ、そういう依頼が来るのだろう。
TOEIC990点満点みたいな、日本人でも英語堪能な人は山ほどいるけれど、そういう人がみんな「音楽的な」歌詞の翻訳を出来るわけではない。
また一方で、素晴らしい日本語の歌詞を書く人も山ほどいるけれど、そういう人がみんな英語が出来て、自分の書いた歌詞を英語詩にもサラサラッと書きなおせるわけではない。
実際の所、この「歌詞の翻訳」はめっちゃめちゃ面倒くさいし、労力がかかる。しかもいくらやったって正解がない。結局歌詞の解釈は人それぞれだからね。。。
だからこんな作業をボランティアでやってくれる人は、なかなかいないんだろうなと思う。俺だってやりたくないもん(笑)。
でも、そういう需要が確実にある。しかも増えてきているな、というのを最近感じる。
頼まれること自体、非常に光栄なことだ。だって語学力と作詞力の両方がなかったら、なかなか頼む気になれないでしょ。自分でGoogle翻訳使えばいいわけだし。

様々な理由から、日本のアーティストが自分の曲に英語の歌詞を付ける場合もよくある。でもこれは最初から英語で書かれているので、母国語で書いた歌詞を外国語に翻訳するのとは全く違う作業だ。
日本の作詞家が書いて、それを別の人(大抵は外国人)が英語詩に直すというケースも最近のJ-POPではちらほらある。これは割とストレートに作詞家の考えている歌詞を翻訳出来ているのかもしれないなぁ。
あと、世界中で出版されている日本人作家の本(村上春樹とか)は誰がどうやって翻訳しているのだろう??
僕もちょっと試しに本気で英語訳に挑戦してみるのもいいかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック