原則を思い出す
昨日は最初の2行だけblogを書いたところで完全にネタに詰まってしまった。
毎日書くことなんてないよねホント。。。家で篭って曲作ってるだけだし笑




毎日をただなんとなく、ぼーっと生きているわけではなくて、その時々で色々なことを考えながら生きているわけだけれども、それをいざ言葉にしようとしたり、文章にしようとしたりすると、自分って何考えてたっけ??的な行き詰まりにあうことは良くある。
あるいは、今考えていることをblogに書くのはどうだろう?と迷うこともあるだろう。
毎日24時間タメになることばっかり考えてるわけじゃないからね。笑
つまりその…悩んだり落ち込んだり、ネガティブなことを考えている瞬間も人生には多くあるわけで、それを敢えて文章化したり、blogに書いたりしなくてもいいと僕は思っている。
俺はこんなに悩んでいるんだよおぉぉぉ、というblogも確かにないことはないが、それはそれで読み手によっては共感も得られるのかもしれないが、やっぱりカッコいいことじゃないよな。

それよりも、出来る自分の心の中や思考からそういうネガティブなものを排除して、ポジティブで前向きな思考でいられるように訓練するのが大事なのではないか。
現実が幸せだから自分も幸せを感じるのではなく、自分が幸せと感じるから「現実に幸せ」になるのである。
なんか禅問答みたいだけど。
多くの人は、幸せになりたいと願ってあれやこれや考えたり、行動したりするわけだけれど、今自分が幸せかどうかは、周囲の環境や周りの人が決めるのではなく、自分自身が決められるのだ。
幸せになりたいと願う前に、既に幸せになることは出来る。同時に不幸になることも出来る。
現実によって考え方が作られるのではなく、考え方によって現実が作られている。
このことを、常に自分の中に入れておきたいのだけれど、なかなかいつもそうはならない。
だからことあるごとに、本を読んだりこうしてblogに書くことで、自分自身に思い出させるようにしている。

今月もまだ1週間あるので、諦めず腐らず、自分のやるべき事をやっていれば必ず道は開けると信じている。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック