追い込まれた時の集中力は異常←分かる
今月も残り一週間を切っている。
社会人としては3月は年度末でもあり、まさに今年も残り僅か、みたいな状況だ。
ヤバイ!笑

こんな僕でも、ものごとの計画や工程を考える際に「一ヶ月単位」で考えるクセが付いているようで、やるべきことがあるのは月のアタマも真ん中も、月末も関係ないはずなのに、月末が近づいてくるほどにやるべき事が終ってなくて焦る、という繰り返しになっている。
じゃー月初からやればいいじゃん!と思うのだけれど、どうにも月のアタマはモチベーションが上がらないというか、まだ今月も沢山あるし大丈夫よね~♪という気分になってしまう。これは非常に良くない。
で、月末にものすごい沢山のノルマを抱えたまま自分を追い込むことになるんだけれど、追い込まないとやれない(やらない)という部分もあって、これを一ヶ月の中で上手に配分できるようになるのが今の課題だ。

追い込まれないとやらない…この法則は一体なんなんだろうね??
僕の知ってる、結構の大御所のクリエイターの人もみんなそうだ。キャリアもスキルも十分にあって、百戦錬磨の人たちでも、やっぱり締め切りが近づかないとなかなか本腰にならないという。
締め切りまでたった3日しかない、しかも現状出来上がっているのは全くのゼロ!白紙!みたいな案件で、とある先輩作曲家の人は最初の2日間を「TVゲームして過ごす」と言っていた。笑
そうやって無駄に自分を追い込むことで、ラストの一日にものすごい集中力を発揮するらしい。
キャリア20年以上の人がずっとこのやり方で来ているのだから、僕が月末にアタフタするのなんて可愛いもんだ。

今月はまだちょっとどうなるか分からないけれど、残り少なくなってくるほどに集中力が高まり、燃えてくる自分も確かにいる。
晴れて月末をノルマ越えして乗り切ったなら、4月のアタマはさぞかし燃え尽きてぼーっとしてるんだろうなぁ。。。
毎月そうだもんな笑。
ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック