シンセの音色管理 いかに早く見つけるかの方法
気がつけば3月も後半戦。今月は年度末ということもあって社会人のみなさんは殺人的な忙しさになりそう。恐ろしいわ~。
学生の人は卒業式シーズンですね!別れと旅立ちの季節、希望に満ち溢れた未来が見えるこの時期はワクワクします。

そんな僕は日々、作業の効率化とモチベーションの維持に励む毎日です(笑)。
音作りって楽しい部分もあるけど、そればっかりやってるとあっという間に時間が過ぎるからな~。
そこまでして時間を掛けても、曲つくりにプラスになる部分少ないような気がするよね。音色に拘ったところで、名曲が出来るわけでもないし。
特にDJ的な、トラックメーカー的発想でいくと、音色は今の流行にどこまで寄せていけるかみたいな部分もあり、こだわりのオリジナルな音色は作るの時間がかかる一方で、それに見合った効果が少ない。要するに効率が悪い。
趣味でやるならいくらでも時間をかけて楽しめば良いと思うが、プロとして仕事でやるならそうもいくまい。
なので、もっとこう、パッと浮かんだらサッと決めてガッと弾く、みたいな(笑)。そういうスピード感と効率的作業が必要なのだよ。
プリセットの中から探すだけでも結構な時間掛かるからな~。

Nexus、Massive、Sylenth1あたりだけでも、効率的な音色の管理法を知りたい日々。
誰か教えてくり~~。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック