週の真ん中に考える
音楽を聴きすぎるのも良くないな、と感じる今日この頃。
古今東西、世の中には無数の音楽があるが、どの音楽からも学ぼうと思えば学べることはいくらでもある。
作るのと同じくらい、それらの音楽を聴いて学ぶことも大事だと個人的には思っているが、数があまりにも多すぎるからそれをやりすぎるとキリがなくなってしまう。
なにごとも程ほどに、ということか。

あまりblogに書きたいことではないけれど、川崎の中学生殺人事件は本当にどうなっているのか。なんともやりきれない、怒りを抑えられない酷い事件だ。
防犯カメラに極めて犯人である可能性が高い人物が映っており、その犯行グループはまず間違いなく未青年なのだろうと思う。だからこんなに犯人逮捕まで時間が掛かっているのだろうか。捜査を慎重に進めているのも分かるが、この状況はあまりに酷いと思う。
こうなってしまう要因のひとつに少年法があるなら、もうその法律を変えるか、なくしたって構わないと個人的には思う。
18歳という年齢が、犯罪やその責任能力の有無にほとんど関係がないことは、もはや誰もが知っている。
周りの大人が子供を取り巻く状況や、危機のサインに気づけなかったかどうか、そういうのは全部後回しでいい。
とにかく、犯人をいますぐ逮捕して法の下に、そして社会的にも裁かれるべきだ。
例え18歳以下だとしてもね。

今月も残り4日!
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック