Third man running(2)
1を書いてみて思ったのだが、改めて記憶があやふやだな~(笑)。話の前後が行ったりきたりだし…なので細かい所はそんなに気にしないで読んで下さいm(__)m



>>>>>>

2ndSingleを無事リリース出来た10月の初め、バンドミーティングの議題は専ら次のリリースに関する事だった。



ちなみに話は逸れるが、インディーズであれなんであれ、一般的にバンドのスケジュールは大体三ヶ月くらいの先取りで動くのが望ましいとされている。ライブならその本番の日の2、3ヶ月前に発表するわけだから、実際にはさらにそこから三ヶ月前、つまり約半年弱前にはスケジュールを押さえているのが望ましい。CDリリースも同じで、発売日の三ヶ月前にはレコーティングを終えてサンプル盤が出来ているのが理想…まぁなかなか難しいんだけれどね(笑)。でもそれをきちっと出来てるアーティストほど、結局は長く続けていける事が多い。



9月末に2ndSingleを出した時点で、年内もう一枚のリリースは時間的に難しかった(実はそういう話もあったのだけれど)。必然的に、年が明けてからのアルバムリリースを念頭に考えなくてはならなかった。実際の所、楽曲はたくさんストックがあったし、新曲も各自常日ごろからに書いていた。さっきの三ヶ月前ルールでいけば、夏の時点で次のアルバムを作るだけの曲は用意していたし、それはバンド結成より当たり前のようにやってきた事のはずだった。

だけれどこの時、バンドは新しいアルバムの制作に踏み出す事が出来なかった。それが何故なのか、上手く説明する事は難しい。きっと各自が考えていた事も微妙に異なるだろうし、少なくとも僕は新しいアルバムをこんな風にしよう、というアイディアを見出だせなかった。この頃からバンドには微妙な焦りや、何とも言えない切迫感があった。締め切りやスランプにと戦う焦りではなくて、逆にそういったものが感じられない事に対する焦りだったんだろうね。

一方で僕はそんな時期でもひとり勝手な制作作業を続けていた。
呑気なものである。というか逆に開き直りの部分もあったのだろう。
バンドに対して、新たな方向性やモチベーションを提示する事が出来ず、その分俺は個人で能力を磨いて、次なる制作の時には思いっきりみんなをリードしてやろうという、ちっちゃな虚勢を張っていた。

今にして思えばその時に試行錯誤していたのは、パンクやパワーポップのようなGuitarメインでkeyが一度も出てこない曲ばっかり作ってたし、かと思えばフルートやオーボエなどを多用して木管室内楽みたいな曲も作ったりして、いずれにしてもバンドでの演奏に全く適したものではなかった(笑)。あと女性のキーで歌った自分の声をボイスチェンジャーでぐいっと上げて、女性Vo風の曲を作るのもこの時期よくやっていたなぁ。

そんな僕の"たくさんやってるフリ"を他のメンバーはきっと見抜いていただろう。いわゆるメンバー内での"新曲発表会"はこの時期何度かあった。みなそれぞれにちゃんと新曲を書いていたし、中には良いじゃんと思える新曲も確かにあった。それでもまだ、アルバムを作ろうという言葉は誰からも聞かれなかった。どんなアルバムにするのか、その舵取りを誰もが躊躇っているような停滞した空気が漂っていた。

そんな状況を打開するべく、口火を切ったのはドラムのakiyukiだった。当面11月から始まる2マンツアーを前に、そこで新曲をやるべきだというのが彼の提案だった。どうせやるなら一曲だけでなく、各会場で披露するくらいの曲数が欲しい。早急にアレンジをして完成させ、練習にはいらなければいけない、と。これには他のメンバーも同意し、今までのストックの中からツアー用に何曲かがピックアップされた。アルバム制作には乗り切れなかった僕も、これはなんとかやりきらなければならなかった。今まで通りのやり方では間に合いそうになかったので、こちらも急遽メンバーで長野に合宿して、泊まり込みの制作をする事になった。

思えばメンバー揃って一緒に曲作りをするなど、バンド初期以来の事ではなかったかな?少なくとも僕にはそのぐらい珍しい事に感じられた。前もっての準備もそこそこに、僕らは真夜中の中央高速を西へとひた走った。

周りの風景も行き先も、まだなに一つ見えていないままだった。


(続く)







(う~ん、2,3回でまとめるつもりが、めっちゃ長いぞ…どうしよう)
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加