聖夜が明けて… クリスマスの朝に思うこと
クリスマスの朝です。
昨夜の喧騒も一夜明けて、今朝はいつもと変わらない平日の朝って感じ。イルミネーションや街の飾りつけも今夜いっぱいまでで、すぐに年末、お正月に向けて模様替えしていくでしょう。

毎年気になっていることだけど、クリスマスに対する世の中の捉え方、特に若い人の考え方って年々変わっているのではないか。僕くらいの年齢になると(笑)、やっぱりカップルで~とか、デートして~とかってイメージだけど、多分そういうのはもうちょっと古い感じで、むしろ家族と過ごすか、同性の友達とパーティでもする方が自然な気がする。というか、平日なんだから社会人は仕事してるのが一番自然だ。24日の夜は何してますか?と聞かれて、仕事してますというのが一番自然だろう。

もちろん心の中では、好きな人と会いたいなぁとか、なんか理想のクリスマスデート的なものを妄想するとか、あるいはリア充爆発しろっ的な発想もあるとは思うけれど、昔ほど「クリスマスなんだから」という縛りは強くない気がする。昨日の都内もそんなにカップルいなかったし。自分が学生の時はものすごくそういう雰囲気だった気がするけど(笑)。そんな昔よりは、今の方が僕は好きです。

なんにしても、このblogを読んでくれる方が、ケーキ食べたりプレゼント貰ったりして少しでもハッピーな気持ちでいてくれたなら僕は嬉しい。クリスマスとか正月とか、世の中が少しハッピーな雰囲気になるのが僕は大好きです。だから、身近にいるあなたがハッピーであることも僕にとっては嬉しい。そんなクリスマスの朝。

ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック