誰が勝って、誰が負けたのか。 衆議院解散総選挙を終えて見えてきたもの
12月14日を終えて、完全に気が抜けています。おそらくこのまま年越しとなるでしょう…それにしても今日はめちゃくちゃ寒いね。外出しようかと思っていたが思わず外に出てから引き返してしまった笑。

衆議院選挙の結果については本当に予想通りな感じで、与党が2/3以上の議席を取るのもそうだし、維新次世代生活といった第三極の野党が負けるのもそうだし、投票率が史上最低となったこともそう。予想外の結果というのはほとんど無かったと思う。こうなると、当然ながらさらに日本人の政治離れ、無関心化は進んでいく。何故か?結果が分かっているゲームやレースは、誰がどうしたって興味を持てないからだ。

「自分の国の将来を決める大切な国政選挙を”ゲーム”だって?」と怒る方もいるかもしれない。文字通り、選挙は国の将来を担う政治家達を選び、決めるためのとても大事なゲームだと僕は思う。自分が参加することによって、ゲームの流れが変わり、結果が変わるかもしれない。そう思えたなら、より多くの人が関心を持って、実際に参加することになるだろう。逆もまた然りだ。そこでどんなに「選挙に行くのは国民の義務だから」とか、「投票しなかったらどうなっても文句は言えない」とか言ってみても、おそらく結果は変わらない。

今回議席を減らした各党は、自らの主張が有権者に届いていないか、届いた上で否決されたものと考えると、自民党もしっかり議席を減らしてるので、アベノミクスやこの2年間でやってきた様々な政策も支持を得られなかった、ということになるのだろうか。あるいは議席を倍増させた共産党の主張は広く有権者に受け入れられたということになるのだろうか。そんなことないよね、きっと。

あと前々から疑問なんだけど、民主党を応援したいんだけど管元総理だけは絶対に当選して欲しくない、という人はどうすれば良いんだろうか。てか結構そういう人はいる気がするんだけど笑。これまた今の日本の小選挙区比例代表並立制がある以上はどうにも出来ないのかなぁ。実際このシステムはものすごく複雑で分かりにくいのだ。何故、菅さんは再び当選して、海江田さんは落選となったのか、どちらも小選挙区では落選しているにもかかわらず。

昨日は結果について色々なニュースやら論評を見ていたせいでblogに書けなかったんだけど、今日早くも通常モードな感じだ、Yahooジャパンあたりは。もう一昨日の選挙の話題なんて誰もしてない。一ヶ月も経たないうちに次の通常国会が始まり、これまでとほとんど変わらないメンバーでいつも通りに行われるだろう。今回の選挙に700億円の税金を使って。

今年もあと二週間、どんな風に過ごしますか?
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック