もしも愛する人と離ればなれになる時が来たなら
“忘れること、それが最上の治療法であり、最愛の人との愛をつなぐただ一つの方法です。”

大正・昭和・平成にかけて活躍した日本の小説家、宇野千代の名言を少し自分流にアレンジしてみた。元祖肉食系女子なんて呼ばれ方もされる彼女だが、恋愛的なエッセンスを排してみると、意外と深い人間愛を感じさせる名言が多い。今の自分にはこういう言いかたの方が胸に響くものがあります。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック