ブラジル
帰国して数日が経つけど、未だに色々と影響というかカルチャーショックから抜けきれずにフラフラしている。身も心も(笑)。
初めての国や長期で海外行って帰ってくると大体いつもこんな感じになるので、特別ブラジルがショッキングな国だったわけではないんだろうけど。

行く前にも散々言われていた通り、治安や街の危ない雰囲気はやはり初の南米ということもあってヒシヒシと感じた。
まぁスリや置き引きが多いなんてのは日本以外のどこの国もそうだし、最低限の警戒や対策は言うまでもないけれど、それでもブラジルは街には一目見てそれと分かる怖い感じの地域が結構あって、うっかりそういう場所に迷い込んだら絶対やられるな~みたいな感じを受けました。

一方で、ブラジル人や南米の人特有の陽気で明るく、他人に優しい人柄も、行ってみて初めて感じたことだった。
旅行者を騙してやろうとか、外国人を襲って有り金奪ってやろうみたいな雰囲気は全然なくて、道ですれ違う程度の人でもすごく優しい雰囲気があったし、日本から来た旅行者で困っている人がいたら、「どうかしたの?」「助けてあげようか?」みたいな感じでみんな親切に面倒を見てくれる。
日本で言うところの「おもてなし」の心はすごくあるような気がした。W杯期間中だから、って感じでもないんだよね。もともとそういう親切心とか世話を焼く気持ちがあるんだと思う。

なので、街の治安は悪いんだけど人々はみなイイ人、っていうなんとも矛盾した感覚を覚えたんだけど、やっぱり貧富の格差がものすごいから、生きていくための犯罪っていうのもあるかもしれないし、なにせ銃社会だからそれを使った犯罪が起こりやすいのかもしれない。あと麻薬もあるし。
アメリカはそういう影の部分を政府と警察が強い力でコントロールしているけど(それでも犯罪は沢山起きるけど)、南米の場合はまだそれが出来てないから、街が荒廃してしまったり犯罪組織が警察や政府よりも強い勢力になってしまうのかもね。

W杯、日本人観戦客の被害相次ぐ スラム街で銃を突きつけられた若者も

たまたまWebで拾ってきただけの記事だけど、大方こんな感じだった思う。
好奇心でファベーラに近づくとか、カメラを向けるとかはむしろそれをやる方が間違いだし、レストランの席に荷物を置いたままトイレ行くとか、ホテルや駅のカウンターで荷物を足元に置いて、とか、そんな事して置き引きやひったくりに遭わないのは世界中で日本だけ。それを知らないで日本にいる時と同じように振舞っている人が被害に遭っているのだろう。
だからこういう記事をして「ブラジルは危ない、治安が悪い」と考えるのは全くナンセンスだと思う。

それよりも、俺は良く知らないんだけど第一戦のコートジボワール戦の後に例のごとく渋谷スクランブル交差点で馬鹿騒ぎして、痴漢の被害に遭った人が沢山いたの?逮捕者も出てるみたいだからデマではないんだろうけど…もう最低だよね。
ブラジルよりこっちの方がよっぽどタチ悪いよ。大体試合に負けてるのになんで駅前交差点に人が集まって騒いだりハイタッチするのか、全く理解できない。
こういう連中のことを「サポーター」なんて呼ぶのはありえないけど、ブラジルに来てる日本人サポーターでもこういうノリの人は意外といた。なんなんだろうね、ホントに。

と、あんまり書くと日本人突っ込みにしかならない気がするので今日はこの辺で笑。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック