国境を越えていく
無事に帰国しました。って今年は何度も出国→帰国をしているのですが。やっぱり暑いですね~東京は。扇風機つけないと眠れない。一週間前は暖房つけても寒くて眠れない雪山にいたのに笑。少しずつカラダを慣らしていきたいと思います。





それにしても今回の旅はとても得るものが多かった。ちょっと外国に行ったくらいで「旅」というのも大げさだけれど、行ったことの無い場所に行って、そこの文化や空気に触れて、改めて自分という存在を認識しなおす。自分の生まれた国のことや、自分が外国人として他の国にいることって、なかなか普段は感じられないじゃないですか。そういうのを感じることが出来たのは貴重なことだった。

今年は何度も外国に行ってて、その度にそういうことについて考える。成田や羽田空港に帰ってきた時の「なんか変な感じ」。つまり、自分の国に帰ってきたなーという感じがあまりしなくなってきた。国から国へ、境界線を越えて生きるような人生が、自分にはしっくり来るのかもしれない。なんか中二病っぽいけど笑。このblogのタイトルもずっと前の一番最初からBorderだし。ちなみにこの単語は中学一年の時に覚えた一番好きな英単語。

どの国が好きとか、苦手とかあまり考えないようにはしてるんだけど、やっぱり合う合わないってのは人間だからあるよね。文化的なものだけじゃなくて、気候や風土ももちろんある。俺はむしろそっちの方が大きい笑。やっぱり日本が落ち着く、って思うのは、結局言葉が通じるとか、ルールやしきたりを熟知してる、慣れてるっていう部分が大きくて、そこら辺をクリアすると必ずしも自分の国が一番自分に合ってるわけでもないのかもしれない。

だから例えば言葉や習慣の問題を、問題と感じないくらいになったら、また自分の知らない世界や自分自身が見えてくるって思うと、ちょっとワクワクしないですか。毎日生きていくのに大変で、なかなかそんなことしてる余裕は無いかもしれないけど、遅かれ早かれ、人生は誰にも平等に終わるわけです。それなら、その間に少しでも知らない世界や経験、感情を味わいたいなって思うのが、俺の性格なんでしょうね。




ま、そういう自己分析をするよりも、やっぱりもっと英語勉強して、カラダをムキムキに鍛えて、世界中どこ行っても臆することなくいられる男になりたいです。ムキムキはあんまり関係ないけど笑。要するに、自分の知ってる世界だけで収まってしまうんじゃなく、知らない世界に自ら楽しんで飛び込んでいく、そういう男になりたいですね。例えばOne Pieceの主人公達みたいにね。ああいう人生を送れたら楽しそうだし、そうなれるように今日頑張る、みたいな。というわけで、今日も少しずつ成長していける自分でありますように。またしてもカタイ日記になってしまったよ笑
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック