最近の幸福論
前回blogを引っ張るつもりはないけど、やはり橋下さん発言からの騒動は今週になってもまだ続いてますねー。囲み取材辞める!となったときはおぉ、と思いましたが、週明けて今日にはもう再開という…。この辺の切り替えの早さや対応のスピード感も橋下さんの大きな武器かと思います。あとはもうホントに、どう沈静化に努めるかという感じ。夏の選挙は相当厳しいと思うけどね。






図らずも、前回のような政治的な、世間や社会に対する私の発言みたいなブログは僕が一番書きたくないもので、でもあれぐらいショックを受けた話題だとどうしても一言言いたくなっちゃう。でもそういうblogは書きたくないし、読んで欲しいとも思わないのです。楽しくないでしょ。読んで楽しいとか、ハッピーになれるとか、そういう記事でなければ意味がないと常々思っています。

最近幸福とか幸せに関する本や研究を読み漁っていて、要するに自分はどういう状態の時に幸せ、ハッピーだと感じるのか、そういうのを感覚的にではなく一定のルールや条件のもとで理解したいな、と。なぜそう思うかというと、普段生きていて幸せだなと感じることが年々少なくなっているから。だからといって、今自分は不幸の真っ只中にいる!というわけでは全然ない。相対的に言えば圧倒的に自分は恵まれているなとも思う。東南アジアとか行くと特にね。

お金を持っているとか、自由な時間があるとか、病気もしないで健康とかっていうのは、全てそれ自体「相対的な」幸せで、それらがない状態との比較によって初めて理解できるもの。衣食住が満ち足りていて、身体が健康であればそれだけで世界中のホンの一握りの「超幸せな人」である事は確かだ。そのありがたさは重々分かっていながらも、僕はまだ「もっと幸せになりたい、なんでなれないのか」と考えてしまう。

同じようなことを考えて、じゃあ相対的な比較に寄らない、本当の幸せって何よ?ていうのを真面目に考えたり研究している人も世の中にいて、結構面白い。多分こういう学問は(もちろん先進国に限るけど)これからもっと盛んになっていくんじゃないかという気がする。ブータンなんかはそれを国家的な社会実験としてやっているのかもね。一度行ってみたいよね、ブータン。






幸福に関する研究の中で、よく出てくるトピックのひとつが「社会比較」だ。簡単に言えば「自分は他人と比べて、どうか?」という感情。これは、家族や友達や同僚や恋人はもちろん、有名人や歴史上の偉人や全く会ったこともない赤の他人(他人ですらない?)とさえ、僕達は常に「自分と比較」し続けている。例えば社会人になって働き出すと意識しだす「平均年収」とかね。よく考えてみれば、日本人の平均年収、とか、○○才の平均年収、なんていうのは概念やデータとしてあるだけで、実際に「平均」を手にしている人はこの世に存在しない。にも関わらず、多くの人が「平均」と比べて多いか少ないか、ものすごく気にする。

こういうのはお金だけじゃなくて、あらゆる情報に含まれているし、情報そのものが「社会比較」を前提として世の中に出回って、多くの人はそれを受け取らざるを得ない。山奥の一軒家で、TVや新聞や雑誌やネットを全て遮断して、そうでない環境にいる人と一切接触しなければ、社会比較はしないですむかもしれないが、日本で普通に生きている以上それはかなり難しい。

で、なんでこんな当たり前の話をするかというと、ほとんどの人はこの「社会比較」によって自分が幸せか、不幸せかの認識をしている、という研究結果がある。そして、それをすればするほど、不安を感じたり、何かに怯えたり、傷ついたりというような「精神的な不幸」を感じる傾向にあるというのです。逆に言えば、人が何であろうと気にしない、自分は自分、と(建前でなく心の底から)思える人は、そうでない人よりも幸せを感じやすい、と言うことでもあるらしいのです。

ちょっとこの話を聞いただけでも、僕は「あぁ~そうだよね」と身をもって実感出来るのですが、実際これは研究によって科学的にも証明されている話で、もうちょっと突っ込んで書くと「上向きの比較」も「下向きの比較」も、自分と同じくらいだなと思う「同調比較」も、すべてやればやるほど自分の心にはネガティブな感情を起こしやすくなります。なので、手っ取り早く幸せになるためには、とにかく「自分は自分、人は人」と言う風に、あれこれ比べたり考えたりしない!…のが良いそうですが、これって結構難しいんだよね(笑)





そんなわけで、まだまだ書きたいことはあるのですが、それを書くとやっぱりハッピーからはまた遠くなりそうなので今日はこの辺で(笑)。楽しいことや幸せなことは、探して見つけるものではないんだと思うよ。自分の中から作り出すものっていうか、結局は意識や考え方だから。僕自身は、ジムでチョーきついバーベルを上げてる時が最近一番幸せです。他の事考えてる余裕が一ミリもないからね。ヨガとか瞑想でもいいんだけど、無心の持続性がないのと飽きるんだよな~あれ。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック