女が喜ぶと書いて「嬉しい」。これを考えた人はきっと、イケメン。
2月も今日が最終日。もう3月になってしまいますね~はやっ。こうして今年ももう終わるんですね…みなさん、今年一年はいい年になりましたでしょうか(笑)






先ほど自分の日記を書いていてふと以下のようなフレーズが脳から指先へ、指先からボールペンを使ってノートへと書かれたのですが、

「自分がやられて嬉しいことを他の人にする、自分がやられたら嫌なことは他の人にしない」

という、まぁシンプル極まりないフレーズを無意識に書いていたんですよね。あ、無意識っていうのは、僕が日記を書くのは完全に自分の意識と切り離した状態で、ただその時浮かんできたことを速記状態でぴゃ~っと書きなぐっているだけなので、何か出来事があったとか、色々最近考えてて、とかじゃなく、何にも無いところから上記のようなフレーズが突然書かれたわけです。「書いた」んじゃなくて「書かれた」。

で、どこぞの自己啓発本にでも書かれているような、とてもありふれた内容であり、当たり前じゃんって思うんだけれど、それでもやっぱりこれこそ真理だよなーと思ったのです。これだけやってれば100%成功できるよ。誰でも。でもこれって、難しいんだよね~。





メールの返信とか、ブログの更新とか、めちゃめちゃ些細なことだけど、やっぱり上の法則は当てはまって。メールの返信って、無いよりはあった方が、大抵の人は嬉しいじゃない?多分だけど(笑)。で、遅いよりは早い方が、これまた嬉しいと思うんだよね。根拠はないけど、なんとなく。でも俺、返信遅いとき、どころか返信しない時だって山のようにあるし、それでいて、仕事やお金が絡むメールの返信が相手からなかったりすると、やっぱり「ちっ」って思っちゃうし。相手が嫌なことを自分でしてるから、自分も嫌なことを相手からされてるんだよね。きっと。

嫌なこと、だけじゃなくて、嬉しいことに焦点当てて考えてみると、俺が他の人からされて嬉しいことは「仕事を貰う」こと。いろいろ嬉しいことは沢山あるけれども、やっぱりフリーランスですんでこれが一番嬉しい(笑)。なんだけど、俺から誰かに「仕事をあげる」ことって、滅多にないんだよなぁ。大抵一人で全部やっちゃうし、誰かに頼むか、頼まないかで実入りも違ってくるわけで、そう考えるとつい一人でやっちゃう。というか、他の人に仕事振れるほど沢山ないんだけど(笑)。

でもその仕事に対する考え方がきっと間違っていて、自分が出来るとか出来ないとか、他の人にあげるほど沢山あるとかないとか、そういう事じゃないんだよ、きっと。仕事振ってくれた方が自分は嬉しいんだから、自分も誰かに仕事を振るべきなんだ。アッキーなんかはホントに良い例で、彼は俺にも仕事を振ってくれる。おそらく他の友達や知り合いにも振ってるだろう。彼がそれらを自分ひとりで出来ないのか?と言われれば、絶対出来るはず(大変だろうけど)。でも彼は他の人に振る。彼の周りの人達(含む俺)は喜ぶ。そうすると、彼はいろんな人から好かれて、完成させた仕事の質やスピードが信頼されて、さらに多くの仕事を得る。素晴らしい!

また話は全然変わるけど、僕は近所の老人ホームやら介護施設やらで、かれこれ4年くらいボランティアをやってるんだけど、誰かに「ボランティアやって」と頼まれたからやってるわけではない。こういうことをやってあげたら爺さん婆さん達に喜んでもらえるだろうな、と思ったのがきっかけだから、それだけで今もほどほどにずっとやってきた。そうすると、彼らから食べ物を貰ったり、人を紹介してもらったり、お礼という形でお金を貰ったり、結果的に僕も沢山のものを頂いている。

こういう例は本当にいくらでもあるのでキリがないけれど、シンプルに言ってしまえば「他人が喜ぶことをしていればそれは自分に返ってくるし、他人が嫌がることをすればそれも自分に返ってくる」という事なんじゃないか。このことを80歳過ぎた爺さん婆さん達に「どう思う?」聞くと、必ず「それは本当にそうだよ~」って言うんだよね。戦争とか高度経済成長とかバブルとかバブル崩壊とかいろいろ経験してきた彼らが、ほぼ100%それは「真理」だと言う。だからといって、老人はみんなそれが出来ているかというと、全然そんなことはない。分かっていても、出来ない。そのぐらい難しいことなんだろうね。





語りだすといくらでも長くなりそうなのでこの辺で(笑)。まーでもホント、そういう風に生きられたら良いよね。来月はもう少し、今よりも良い未来になりますように。ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック