はじめてのいんふるえんざ
お久しぶりです。インフルエンザ香港A型を発症しておりました。マジです。21日月曜日に誕生日を迎えて、その翌日22日早朝から40度の高熱でダウンという、マンガみたいな新成人の幕開け。つらたん。誕生日を迎えてのblogとか、いろいろ書くネタは何本かあったのですが、それらを全て吹き飛ばして今日はインフルのお話。

インフルエンザ、前週の3倍超に…全都道府県で急増

ご存知の通り、先週ぐらいから感染が急増しているようで、ご多分に漏れず僕もその一人となってしまいました。風邪を含めて、健康や感染には人一倍気を使ってる方だと思うのですが、一体どこで感染したのやら…発症する直前に会った人といえば、21日夜に食事会をして誕生祝いしてくれたアッキー含む家族3名なのですが、こちらは感染していないようで、不幸中の幸いでした。

22日朝、いつもの通りTwitterでないネタを呟いた直後くらいから「もう阿寒(アカン)」みたいな感じで。寒気、頭痛、全身の倦怠感や関節の痛みが尋常じゃなく、フラフラになりながら徒歩10秒の内科病院へ(10秒でもキツイ笑)。病院に入るやいなや、看護婦さんから「こいつはアカン」と判断され、待合室ではない別室に強制隔離。その後、鼻の穴の奥の奥のさらに奥まで棒を突っ込む「インフルエンザ検査」を初体験したのち、めでたく「陽性」に。

小さい頃とかはさすがに覚えてないのですが、物心ついて以降では実は初めて、ちゃんとした検査の上で「インフルエンザ」と診断されました。まーひょっとしたら感染はしてたけど風邪だと思い込んで病院行かなかった、みたいな事もあるんでしょうね。実際、インフルエンザと重症の風邪、の違いは、素人では結構判断できない。病気的には全く違うものだけどね。なので、カッコ仮で、人生初インフルエンザとなりました。




お医者さんから解熱後4日間の出勤・外出禁止を言い渡され、その場でインフルエンザの特効新薬である「イナビル」を注入されます。24時間後には熱も下がって少し楽になる、けれどもインフルエンザ感染は直らないので、外出したり人に会ったりは禁止です、と。。。まー正直、この説明をされた時は熱が40度超えだったので、何を言われてるのか良く分からずにとにかくハイ、ハイ、と(笑)。どうにか徒歩12秒で帰宅して、ぶっ倒れました。

新薬のお陰で、本当に24時間で熱は平熱近くまで下がった。ここから4日間(水~土)まで、外に出ない、誰とも会わないというのは…まーきつかったですね。普段からそんなに外にも出ないし、誰かと会ってないんだけど(笑)。要するに自分がインフルエンザの保菌者であること、それを他人に移す可能性がある事が精神的に辛かった。熱が下がっても体調はやはり数日戻らなくて、何度か在宅ワークしようと試みるもPC開くのも覚束ない感じ。そういうことやるから余計に治りが遅くなるんだと、じっとベッドの上で寝ようとするんだけどこれまた眠れない。

隔離される恐怖、自分ひとりになってしまうかもしれないという恐れは、誰にでもあるものだと思うのですが、そういうのにガンガンやられてしまって、4日間のお休みをどう過ごそうか?みたいなポジティブシンキングになかなかなれなかったですね。仕事どうしよう…みたいなのもあるとは思うけど、もっとこう、根本的な孤立感というか。社会から不要とされてる感っていうんですかね?笑

あとはとにかく暇で暇で…夜でもないのにベッドで何時間も寝れないし、ネットや本のテキスト読むとものすごく頭痛になるし、もちろん音楽作ったりピアノ弾いたりなんて出来ないじゃないですか。俺、何するの?みたいな。休め!て話なんですけどね。多分「休みかた」が分からないんでしょうね。よくライフハック見てても、オンとオフの使い分けとか、週末休日をリラックスして過ごすとかあるけど、ああいうのも良く分からないんですよね。





と、全然インフルエンザと関係ない方向に脱線しましたが(笑)。今はほんと、手元のスマホやらタブレットからいつどんな状態でもネットに繋がれる時代。インフルエンザに関してもめちゃめちゃ詳しくなりました(笑)。ベッドで寝ながらインフルエンザの症例、感染経路、予防や予後のありかた、薬学的な知識、自宅待機のやり方まで、あらゆることを調べまくりました。暇だからねー。僕自身もそうだったのですが、インフルエンザってやっぱり罹ってみるまであんまり詳しく知りません。ひとつ言いたいのは重い風邪じゃないよ!全然違う病気だよ!。これが意外にも知られてないんだなー。

謹慎4日(違うか)が晴れて解けて、今日あたりからようやく外出したり普通の人として暮らせます。まーでも正直、いろいろ考えたな。いやホントに一番きつかった時は「俺はこうやって死ぬのか」てふつーに思いましたもん。一度死を身近に感じると(大げさ)、前と同じではいられないよね。もっとマジメに生きないと。これ、神様が俺に与えた罰みたいなもんでしょ?もっとちゃんと生きなさいっていう。だって誕生日の次の日からインフルだぜ?笑

4年前のオバマ大統領就任式の時も、体調最悪で酷いありさまでしたが(こちら)、奇しくもその4年後、再び2度目の就任式に立つオバマ大統領をまたしてもインフルで見逃すという…何かあるんですかね。ないですねそうですね。というわけで、みなさんもどうか大流行中のインフルエンザにお気をつけ下さい。マスク着用、うがい、手洗い、後はなんだろうなー。とにかく危ない感じの人には近づかないこと!(笑)

ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック