Twitter 1ヶ月やってみた。で、わかった面白さ・難しさ
Twitterを始めて、先日丁度一ヶ月が経ちました。ご存知の通り、その間かなりblogの更新が滞っている現状なので、まーどのくらい僕がTwitterにイレ込んでいるのか、良く分かるかと思います(笑)。

最初は読むほうも、書くほうも戸惑いの連続だったのですが、一ヶ月やってるとさすがに慣れてくるもので、時間のある時にさっと読んで、書くときはTwitterとは別に時間をとって書いたものを随時投稿するスタイルになりました。あんまりべったり張り付いててもそればっかりに時間とられちゃうんですよね。

まぁ始めた頃の初心者らしいといえばそうなんですが、自分の時間管理というか、タイムマネジメントの大切さをTwitterやってると結構感じます。実際ノイズも多いですし、そこに自分の生活時間をどのくらい割くのか、割かないのか。それが楽しめるかどうかの大事なポイントなのかも。


・「知らない人に声を掛ける」ことの面白さ・難しさ


一ヶ月やってみて、フォローしている方も、フォローしてくださっている方も大体500人ちょっとになりました。つぶやいた回数はもうちょっと多い600超くらい。基本的にツイッターのアカウント状態はこの3つの数字の「バランス」で見ると思うんですが、僕の場合のこれってどうなんだろ?まだ良く分かりません。

やっている方は分かると思いますが、フォローしてくださる方(フォロワー)に関しては、自分ではどうにも出来ない事なので特に意識することもないんです。だけど自分がフォローする方については、100%能動的にフォローしていった結果の500人という数字ですので、ここについては色々考える事もあります。

Twitterの世界って、よく言われるように街中の雑踏の中に自分で入り込んでいくような感じがあります。右見ても左見ても知らない人ばっかりだけど、その中からなんか面白そうかも、気が合いそうかもという感じるつぶやきを聴いて(読んで)、その知らない人に自分から声を掛けていく。

もともとそんなに社交的じゃないので、リアルで全然知らない人に対して、あなたのつぶやきを自分は知りたいんですよっていうスタンスでもって接するのは多少の躊躇というか、結構考えながらやってます。そんなに堅苦しいもんじゃないのかもしれなけど、まぁこれも性格だからしょうがない。

そんな時、相手が鍵付きなのはもちろん、例えばフォローしている数が極端に少ない人(30人以下とか)って、やっぱりこっちもフォローしづらい。あんまり知らない人に声掛けられたくないのかなぁと思いますし。芸能人とか有名人とかのアカウントは一切フォローしていませんが、その理由も似たような感じがあります。あの人達はビジネスとしてやっていて、知らない人から声を掛けられたいわけじゃないから。

Twitterを面白がる人も、逆に面白くないと感じる人も、この「知らない人に声を掛ける、知らない人から声を掛けられる」ていう感じをどう捉えるか、それが大きいんじゃないかと思います。僕も以前はそういう事やるの決して好きじゃなかったけど、やってみるとこれが案外楽しい。リアルで知ってる人だったら、メールとか電話の方がいいのかな、とも思っています。


・返信じゃなくてリツイートされることの面白さ・難しさ


一方で書くほう、というか「つぶやく」方ですが、これってやっぱり140文字という制限のあるミニブログみたいなものだと僕は思ってます。誰も読んでないかもしれないけど、読まれてる事を意識して書いてる。それを意識するかしないかで、良くも悪くもTwitterとの付き合い方が決まりました。

フォロー、フォロワー数共に50以下くらいで、つぶやき回数10000近くの人とかもいますが、本当に純粋な「独り言」でそれだけ呟けるかというと、結構大変なはずです。そういう方のつぶやき欄を見ると、大抵はフォローし合っている人との@リプライで埋まってる。まさしくお友達とのメッセージチャットとして楽しんでる感じ。

このリプライの使い方も結構難しくて、上記の人のように友達とメッセ交換するなら楽しいんですが、僕みたいに知らない人のつぶやきを読んで、知らない人に向けてつぶやきを書く(読まれなくても)タイプの人だと、使いどころがないんですよね。@付きリプライは「つぶやき」と根本的に違って相手に対して「絡む」感じになるので、「絡み」が好きな人かどうかの判断はいつも難しいです。

僕自身もわずか一ヶ月の間ですがこのことで失敗してる事があると思いますので、僕から@付きでリプ飛ばされて残念な気持ちになったが方いたら、本当に申し訳ない(苦笑)。まだ初心者なんで何卒お許しをm(_ _)m リプライはここぞと言う時にだけ使うよう、心がけたいなと思ったのもこの一ヶ月の収穫。

その「ここぞという時」ってなんぞや、というのも人によって違うと思いますが、僕の場合に限って言えばやっぱりリツイートされた時や、お気に入りにしてくれた時(ふぁぼられた時)ですね。これがすごい嬉しいし、楽しい。blog書いてる時には味わえなかった感覚でした。

自分の思ったこと(書いたこと)に対する反応、という意味ではコメントやリプライもそうかもしれませんが、リツイートは「自分の発言が、自分の全く知らない人の所にも流れる」という点で、もっと大きな意味を感じるし、RTしてくれた方に対して感謝と責任を感じます。適当なこと言えないよなって感じで。

やるからには適当なことはつぶやかないのは最初から決めてましたが、ほんの一ヶ月でその気持ちがどんどん大きくなって、今じゃ140文字を何書くかで相当悩みます。あ、相当悩むっていっても時間にしたら僅かですけど(笑)。blogが更新滞ったのも間違いなくこれが原因で、Twitterのせいで時間がないんじゃなくて、文章を書くことにより真剣になったから。

一般的な「Twitterの楽しみ方」とはちょっとズレてるのかもしれませんが、有名人でもなけりゃ誰に注目されてるでもない自分の考えや文が、少なくとも知らない誰かの心にリーチしているという実感は、それだけでパワーになります。これが例えば1万人フォロワーがいても、RTやふぁぼされなければ「誰も読んでないし、興味もない」可能性ありますからね。(ていうか実際ホントにそうだと思います)


・もっとTwitterを楽しむために、やっていきたいこと


なので、今後も引き続き「意義のある」、「価値のある」、「面白い」のどれかに限ったつぶやきを、頑張ってしていきたいと思います。まぁリプライだとそれも難しいんですけどね。どうしても素が出るというか、根がチャラいので、自分のチャラいリプライをつぶやき欄で見るたびに凹みます(笑)。リプライ無しで自分のツイートが埋められるくらい文才あればなぁ~。

それと、もっと頑張って自分の意思で探した多くの人をフォローしたいです。フォローが多くなるとTLが早すぎて全然読めなくなるなんて言ってた時もありますが、そんなのはリストや色々な管理ツールを使う事でどうとでもなりますし。本当に面白い、有意義なつぶやきを読みたいと思ったら、やっぱそれなりの数をフォローしないと出会えないと思うので。

僕はコミュニケーションツールとしてTwitterを使う事はそんなにないと思いますし、それでもなんでやるかというと、いろんな言葉に出会えるからなのかもしれません。同時に、その楽しみを他の人とも共有したくて、自分もいい言葉だけを発信しようと思っています。やりたいのは「いい言葉」の発信と、受信。もはやつぶやきじゃないですね(笑)

というわけで、まだ僕の言葉の送受信の様子を見たことない方は、このページにもあるアイコンからフォローしてみるといいと思うよ!w
ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック