もし世界で通用する音楽が作れたら
しばしば俺を知る周りの人間から、俺は相当ネット好きと言われます。好き、ていうかジャンキー(笑)。だがしかし、それは断じて違うのだよ。




パソコンは、大好き。というか仕事道具の最たるものなのでこれなくしては息が出来ません。俺は音楽用のPCとネット用のPCを厳密に分けて使っているので、ネット用が壊れても仕事の音楽PCをネットにつなぐ事は無い。絶対に。何でか説明すると長くなるけど…道具に対するプライドみたいなもん。

で、ネット用の方も別にネットサーフィンしてるわけではなく主に楽器や音楽に関する情報収集とか、意見交換とか一応自分としては仕事っぽく使っているつもり。去年の秋から、海外のミュージシャンやマニア(機材オタク?)とやり取りしだして、主にアメリカ、中国、フランス、イギリス、最近はちょっとロシアも。

勿論相手は会った事もしゃべった事もない人なんだけど、簡単な英語でやりとりしたり、頑張って翻訳(超訳??)したりして
なにより今はメールで、音を簡単にやり取りできるのがイイ。


"ちょっと聞かせてよ"→"OK"→(聴いたら)"イイね!cool!"


これだけのやり取りなら小学生でも出来るから(笑)。でも実際これだけで、自分の知らなかった知識や音楽が手に出来るからやっぱりネットは凄いと思う。うん。目チカチカして痛いけど。




こういうのを今まで全然知らなくて急に去年くらいからハマリ出したもんだから、それこそ曲作ってる時以外はネットにかじり付き、みたいになってました。今の自分にとっては、圧倒的に日本より海外の方が自分の音楽を豊かにしてくれたり、伸ばしたり鍛えたりしてくれる情報や技術がある、って事なのかもしれない。(技を盗む感じ?)

音楽用のPCの前に戻った時に、自分にインスピレーションややる気を与えてくれる何かを、いつだってあちこちに探しているんですね。そんなわけで、常にネットをしたり電車に乗ったりしております。ん、なんか全然まじめに見えないぞ。



今度のアルバムにはそういう去年からの気分が結構反映されているのではないかと、ふと思ったのです。ネットを通じて、海外の知り合いに聴かせる機会があってもちゃんとやりたい事が伝わるようなものになればいいなぁ、と。世界中に山ほどあるCoolな音楽の中に混じってそれでもちょこんとCoolでいたい。そう言われたいと作った作品です。

3枚目のアルバムを作るにあたって、ただ漠然と良い物をというよりは、自分達のオリジナリティって何だろう、とか、自分達の聴きたい、カッコいいと思える音楽ってどんなだろう、とか、そんな事をひたすら考え、試行錯誤しながら作りましたよ。さて、どうでしょうか??



これが今、もうマスタリングも終わってて完パケしてたら"最高にCoolなのが出来たZE!お前ら絶対聴けよ!!"ぐらい言えるのになぁ(笑)。ライブ、8月のワンマンの前にも少し決まってきているようです。アルバムのTOURも、近いうちに発表できると思います。それはそれは、楽しい夏→秋が過ごせそうで楽しみです。その為にも、最高にCoolなAlbumをFinishしないとね。




みんな、もうちょっと待ってて♪
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加