今年も締めます。ザ・総括2
コーヒー飲みすぎた。月賦。
アッキーと話してるとホント楽しいな。時間を忘れる。
数年ぶりに、彼と大晦日に同じ場所で過ごすよ。いーだろ(笑)








2011年は初っ端から「日本は今年何かが起きる、変わる」と
無責任にも言い放ち、果ては「北朝鮮で革命が起きて金正日が倒れる」
なんてのも予言していたが、見事に当たってる!すごー。
日本が変わったのかどうか、人によっても状況によっても意見は
分かれるところだろうけど、3/11を境にやっぱり僕は同じ世界に
自分が生きているとは思えないし、それまで当たり前と思っていた
すべての事が形を崩して、変化していく現在進行形の中にある。
あれから9ヶ月とちょっと、1年足らずという時間は変化の中では
余りにも短いかもしれないが、それを感じるには十分な時間だ。
でも、連日の忘年会でそんな話をしても、以外に東京に住んでる
人にはピンと来ない部分があって、感じ方は人それぞれなのかも。










個人的な話になってしまうが、震災が僕の音楽の仕事や、
モチベーションにもたらした影響はとても大きかった。
3月、4月は本当に何も出来なかったし、出来る気がしなかった。
海外からの仕事もほとんど断ったし、事情が事情だったからそれで
トラブルにはならなかったが、影響はやはりあったと思う。
やるべきことをやろう、普段どおりに生活して仕事をしようと
自分に言い聞かせるようにblogに書いていたが、何もない所から
音楽を創造して、クリエイトするのはそんな甘い気持ちでは
なかなか出来ない事を思い知らされたよ。そんな風に、
作れない、作りたいとも思えない自分てのは、初めてだった。
ミックスとかはある程度テクニックで出来るけれどね。
音楽が(自分の中で)なくなる事を、初めて実感した。
正直、怖かったな。ビビッてたよ。
今もその葛藤や、迷いや、焦り、全部が僕の中にある。
率直に言って、それが今年一年の一番大きな自分トピックだし
来年こそは変えて、克服しなきゃいけない事なんだよね。











その後は地震について、原発について、政治やメディアについて、
大きな事から些細なことまで色々考えるようになったけれど、
色々考えるようになったきっかけは、やっぱりあの日、あの時から。
答えが出ないのは分かっているけど、人生なんてそれぞれの
長い長い答え合わせみたいなもんだ。
だから、あってもなくても、どこへ行っても見つからなくても
それを探すことを諦めちゃいけないんだよな。
もうすぐ始まる新しい年に、自分がやるべきことは
僕にも、あなたの心の中にも、もうちゃんとあるんだよ。
それを考えながら、あと少しだけ今年の余韻を感じてみよう。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加