年末ジャンボ 当たらない理由
「年末ジャンボ宝くじ」当せん番号決定

毎年やってるんだから別にニュースでもなんでもないが、なぜか今年は
俺にも当たらないかな~と思ってしまった!何故だ。
もちろん買わない人には当たらないのが宝くじ。
てか宝くじ自腹で買ったことないや(笑)。
最も当たる確率の低いギャンブルと言われ、これを買うのはお金を捨てるのも
一緒だと確立統計学的には言われているが、それでも毎年○億円を当てている
人は必ずいるわけで、皆さん知り合いにそういう人いますかー?

俺、います。


もちろん本人バレしないように伏せるが、確か1000万円ちょっとくらいの
賞を当てた人が実際知人に居る。しかも同じくらいの年齢。
そのお金をマイホーム資金にあてて、恋人と結婚したそうです。
宝くじ当てると、今付き合ってる人と別れるワケにはいかないらしい(笑)。







市中のお札84兆円!…金融緩和とたんす預金

紹介したかったのはこっちの記事。見出しだけだとイマイチ判りづらいが
要するに、僕やあなたが持っているお財布や家庭・会社の金庫に入っている
お金が、使われずに年をまたぐ、その総額が84兆円あるという話。
こんなのどうやってリサーチしてるんだ??(笑)
今晩中に何かあって、みんながみんなパーッと使ったらどうなるの??
さておき、どこをどーみても僕のお財布にはこの総額の1%も、
いやいや0.1%、0.01%…0.0001%も入ってましぇん。

どーしてか分からんが、ちょっと寂しくなるニュース。


そんなにあるなら0.0001%ぐらい俺のところにこないかな~と思うのだが
記事の本質としてはまぁ、超低金利かつ景気の先行き不透明感で
みんながお金を使わないように、手元に取っておいているという話。
2年連続で過去最高額を更新、だからそういう時代なんだろう。







一年の終わりの今日、あちこちで来年はどんな年になるか、その抱負や
未来を語る機会があると思うが、このニュースを見て思うのはひとつ。
来年は、この金額を下回るようにしなきゃ。
3年連続で更新となれば、なかなかに大変だと思う。手元に84兆あると
言われればさも大金持ちのように感じるが、確実に国や、国の経済が
死につつあるというニュースだよ、これは。
僕が年末ジャンボをもっとたくさん買っていれば、この金額は少し
減ったのかもしれないが、買ってないし買う気もなかったもんな。
そういうのが、目に見えない手に取ることも出来ないような
小さな小さな「意識」の膨大な積み重なり合いが、84兆円になってる。
そう考えてみたら、どうだろうか。
もちろん「来年は宝くじを買おう!」なんて言う気はないけど(笑)








さて、そろそろ今年の総括でもやるか…
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加