みんなが一番遅くまで起きている曜日は何曜日?
一週間の中で、日曜日の夜が最も早く寝る、という人は意外に多い。
翌日月曜日は、一週間の始まりであるし、ここからまた頑張るために
日曜ぐらいは早く寝て、一週間分の英気を蓄える、ということなら
それはヒジョーに理にかなっているように僕も思う。





だがしかし、ここ数年の僕の生活リズムで言えば、
一週間のうち、日曜日の夜が最も夜更かししている。間違いなく。
これには色々理由があって、まず一番真っ先に思いつくのが、

日本の日曜日深夜は、アメリカの日曜日の真っ昼間。

という点。
つまりですなぁ、この後の時間ぐらいからアメリカ人達はのんびりと
日曜の朝寝から起き出して、遅めのブランチなんか食べ始めるわけ。
仕事じゃなくて、休みの日のメールチェックとか、他愛もない
ネットサーフィンとかをだらだらやるのもこの時間なのかもしれん。
あとFacebookとか。まぁとりあえず日本で日曜日の午前中って
みんなのんびりしてるのと同じように、彼らが一番のんびりしてる時間は
おそらくこの日本時間深夜0時~4時くらいと考えるワケだな。




なのでそこの時間を狙って、とにかく打つべし、叩くべし
じゃなかった、コンタクトして、聞きたい事を聴いたり、頼み事したり
あわよくばビジネスに繋げちゃえー的な動きをするわけです。
なんで、日曜日の夜は本当、一時期戦闘みたいな時があった。
俺のモードがね、戦いモードっていうか、必死っていうか。
そのまま月曜日の朝7時くらいまでメールだのskypeだのやってた時もあった。
今はもうしんどいんで、そこまではしないけど。(遅くとも2時には寝る)





まー結構特殊だとは思うが、そういうグローバルな時差を利用して
一気にIT分野で市場拡大したのがインドだったりするから、侮れない。
インドはシリコンバレーの丁度反対側にあって、アメリカ人が寝てる時に
インド人はバリバリ仕事をこなせるから、すごく有利なんだって。
基本、夜遅くまで起きているのは全然オススメしないですが、
寝る日と、起きてる日を使い分けるようになれると、面白いですよ。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加