ただいま戻りました
うわわ。10日ぶりのblog更新になってしまった。
怠けてたわけじゃないのよ~。前回のblogからほぼ十日間、
ひたすらスタジオ篭って作業。マジで太陽を浴びる事もほとんど
ないような状態でやってました。
どうにかこうにか、昨日マスタリングの納品が終了。
ふぃ~。






先週、今週と外はそれこそうだるような暑さで大変だったと思いますが、
ほとんど冷房の効いた室内にいたのでそれも分からず。。。
節電的にもどうなのかな~と思うのですが、冷房のない環境で
レコーディングとかミックスとかはやはり無理で、悩ましい所です。
つい最近(といっても先月)も、某有名なJ-POPのプロデューサーさんと
一緒に談義してたんだけど、音楽製作ってどうしても電気使うよね…と。
仮に自分が我慢できても、ボーカリストやミュージシャンの人の
コンディション、気持ちを最優先に考えてやってかないとロクなものに
ならないので、エアコンも使うし、機材も使うし、朝から晩まで
大量の電気を使いながらレコーディングやミックスやってるわけだから
こればっかりはなぁ、という話をしてました。
決して無駄な事をしてるわけじゃない、と思ってはいるけど。





3月の震災直後の時も、音楽の仕事って何なんだろう?みたいな事を
割と真剣に考えてたんだけど、あれからちょうど5ヶ月あまりが経って、
いろんな現実や見通しが見えてくるにつれて、改めてその事を
最近考えます。俺はこの5ヶ月間、人として何が出来てるのか、とか
これから何が出来るのか、とか。
そういうこと考える余裕があること自体幸せなのかもだけどね~。





知ってる人も沢山いると思うけど、先週のアメリカ国債の格引き下げを
一つの発端として、世界中の金融市場がすこし大きく動いているじゃない?
これが一時的なパニックで収まるのか、あるいはここから大きな動きが
あるのかはまだ誰にも分からないと思うけど、少なくとも日本の大臣が
言うように「引き続き注視」しなくちゃいけない状況と思うよ。
でも意外に、何でこんな事になってるのか?とか、そもそもこんな風に
今世界はなりつつありますよみたいな報道、解説は日本のメディアじゃ
さほどやってない気がする。アメリカの報道は連日そればっかりだけど。
アメリカ国債がどうのとか、為替や円高がどうのとか、遠い外国の
出来事じゃなくて、もろにこれからの日本に影響があることなのに、
どうしてみんなあんまり関心のない感じなのか?謎だわ~。





なわけで、大体朝8時に起きて15時間くらい作業、で夜は23時過ぎから
明け方4時くらいまでNY市場の動きとニュースを見ている毎日でしたが、
そんな日々も一段落。今日から僕もしばし夏休みですー。
今年のお盆休み、休める人はゆっくりいろんな事に思いを馳せて、
考える休日にするのはいかがでしょうか。
良い週末を。

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加