帰国しました~
遅ればせながら、無事に中国から帰国してまいりました。
ここんところは状況が状況だったので、結構周りからは心配されたり
そもそも何でこの時期に行くの?みたいな反応もあったけれど
実際行ってみると、予想通り(事前情報通り?)全然大丈夫でしたよん。




今回は上海を中心に滞在していたんだけど、その中でも今まで行った事の
ない周辺の都市、杭州とかに初めて行けたのが良かった。
上海は当然大都会なんだけど(東京より都会かもな~)、その周辺の
200キロぐらい離れた所の街もやっぱり結構都会で、驚いた。
発展のスピードはまだまだ上がるだろうし、何せ国土が日本と比べて
桁違いに広いので、人が住んだり働いたりする場所は幾らでもある。
行くたびに思うけど、日本の報道で言われているような「バブル」的な
部分はホンの一握りの場所、人だけであって、そこが弾けてお金持ちの
人が多少の損を出したとしても、国全体に不況や、停滞が訪れるのは
ずっとずっと先だろうな、と思う。ホント勢いあります。





あと日本で報道されているような「反日」的な感じも全然なかった。
こちらが日本人と分かるやバンバン日本語で喋りかけてくるし、
その為に、つまり日本人と接点を持って(主に商売上の)関係を繋げる為に
日本語を勉強してる人がホント多いな~、と思う。
僕も今年から中国語学校に通ってはや11ヶ月勉強している事になるが
正直向こうの人とペラペラ喋れるほどには全然なっていないし、
かと思えば、地元の人が使うような魚市場のおっさんが普通に日本語で
喋りかけて来たりして、つい日本語で返してしまう自分がいたりする。
何の為に勉強してるんだ~、とすごく反省。
ま、いずれにせよ中国人は物事をかなり合理的に考える人が多いので
何の得にもならないような「反日感情」を(仮に心の奥底に持っていても)
表に出すような人はほとんどいない。APECのニュースで管首相が喋ってる
内容も普通に報道していたけど、全然批判的な事は言ってなかったしなぁ。






そんなこんなで、9月以降日本国内では「対中感情」がほぼ最悪になっている
この時期ですが、僕自身は周りとちょっと違う感覚を感じています。
勿論あの漁船の船長とか、その後の中国政府の対応とかはとんでもねーなと
思うけどね。ただ、外交という面からみれば日本側のやり方、事後処理も
相当マズイことやってると思うし、情けなさもある。
どうしても国の勢いはこっちより向こうに分があるので、日本は政治的に、
外交的にキチッとやる事をやらないと、いつかやられちゃうよ。
言うまでもなく、多くの人が感じている事だろうけど…。
そんな事を考えさせられた旅でした。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加