Urei 1176LNはなぜ1176の音がするのか
一年ぶりくらいに某スタジオで再会したGGの雄一君から一ヶ月ぶりくらいに連絡がありまして、とあるCD製作のRec→TD→Masteringのお仕事の話を貰いました。ありがたやー。実にありがたい。

20090529172629.jpg

最近はレコーディングだけじゃなくてMixでもぼちぼち使い出してるUREIの1176LN。写真の黒いやつですが、まー古い機材ってのは良くも悪くも奥が深くて大変ですよね。楽しいけど。

僕は根っからのデジタル人間なので、1+1=2と言うようにキッチリした性格が基本にあるのだが、そういう人ほどアナログな、適当な物が好きだったりするのです。1176は色んなメーカーからプラグインとして出てますが、どのプラグインも実機とはやはり違う。

その辺は、ある程度実機とプラグインを両方使い込んだ上で、アナログの実機は何故こういう音になるのか、使っているデバイスの観点から分析していけばすぐに分かります。なんだけど、どっちが優れているかとか、似ている似ていないの話になっちゃうのが残念な所。

1176LNに関して言えば、内部に入っているUTCのトランスによる音色付けの違いが一番大きいです。コンプ部分だけで見れば、プラグインと実機の差はほとんどない。だけど、そのトランスを通るか否かで音色はこんなにも違う。

コンプレッサーとしてコンプレッションするだけなら、実機でもプラグインでもいいんです。ただし、Urei 1176の音が欲しい場合は、実機を使うしかないでしょう。これはものすごく当たり前のこと。トランスの音って、まだまだエミュレートするには時間が掛かる分野です。プログラマ的には。

しかしてか携帯で撮った写メが白すぎ。折角白の1176じゃなくてBlackfaceなのに。しかもRevision Dなのに!ついに携帯壊れてしまったのだろうか。。。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加