年度末です。
先週からすこぶる体調が悪くて、昨日の夜は歯を食いしばりながらblogを
書こうとするも、それすら出来ないていたらく。
なんとかピークは越えたようで、今日は何とか書けそうです。






と、全然前置き関係ないですが、いよいよ開幕した今年のF1について(笑)
先週末がオーストラリアGPだったんだけど、予選、決勝共に
唖然とするような展開で、な何じゃこりゃ~!
これはもう去年までのF1じゃないっすよ。別のF1ですよ。
見た目には全然変わっているように見えないんだが、なんだか
マシンの規定に関するルール変更で、新たに搭載するようになった
KARS。カーズって言うんですけれども、
その機能(?)を積んでいるかどうかで全然走りが違うらしいのね。
なので、それを搭載していないフェラーリやマクラーレンといった
定番的な常勝チームが、全然まともな走りが出来なくなってしまったり、
初戦で1位、2位を独占したチームは、なんと3週間前に発足したばかりの
超~急ごしらえなブラウンGPというチームだったり、
しかもそのブラウンGPのマシンにはカーズが搭載されていないかったり、
もうF1に興味の無い人にはなんのこっちゃ分らない話ですよ。
こうやって書き散らしてる俺にもなんのこっちゃ分りません(笑)
とにかく、今までの常識やルールが何にも通じなくなってしまいそうな雰囲気。






ちょっと前ぐらいまで全く想像も付かなかったような事態になってしまうって
こういう事なのか~?と思った出来事だったんだけれど、
例えばサッカーで言えばブラジルがワールドカップ予選落ちとか、
プロ野球で言えば楽天が日本一とか(これはあるか)、
それと同じくらいファンにとってインパクトが大きいのが、
フェラーリが勝てない!という事なのだよ。
フェラーリの勝てないF1なんてF1じゃないぃ~!
ふ~。
ま、僕はアロンソのファンなんですけれども。
そもそも去年末、世界金融危機によって日本のホンダがF1事業から撤退した事が
今回のブラウンGPの発足に繋がっているわけで、例えば去年の
それがなかったら、チームの発足も開幕戦での完全勝利も
全くなかったかと思うと、何だか不思議な気分になる。
未来は誰にも予測できない、というお話。
それゆえに今年のF1は面白いような、不安なような(笑)。
いよいよ明日からは新年度、新学期が始まりますが、
新しい世界のトビラを開くような出来事が、自分にもみんなにも
待っていますよ~に。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加