不完全で 感情的で 思い通りにならないからこそ
朝からスタジオ入りしたにも関わらず、音を出し始める前に携帯の電池が切れてしまい、スタジオの写メなどは一切撮れず(苦笑)。一日中ドラム録りやってさきほど帰宅しました。疲れた~。




今日の日の為に用意した新しい機材もあったりで、試運転がてら持ち込んだ僕自前の機材の量もハンパではなかったですが、なかなか結果は良好。一日朝から篭って、夜まで延々と録音作業をし続けるというのは、ミュージシャンはひたすらプレイしていて、僕はひたすら記録しているだけなんだけど、やたらと疲れるのはなんででしょうね?。

ウチのチームが外のスタジオを借りて録音する時は、さながら移動する楽器屋さんというかレコーディングスタジオというか、シャレにならない量の機材を持ち込んでやっています。しかも、今日は一日に7曲録音とかで、はっきり言って録る方も録られる方も尋常ではないと精神力・体力を使う。

こういう話を外国のミュージシャンやエンジニアに話したりすると、「オォ,ナンテコッタイ!オタクノ ミュージシャンハ フチノヤマイカ ナニカデアト ミッカシカ イノチガ ナイノカ??」みたいな事を言われる。まぁ要するに「Are You Crazy?」ってことなんだけど(笑)。年々こんな感じですよね、日本の音楽業界は。



今更こんなこというのも何だけど、やっぱり生録りはイイ。今日び、テクノロジーや技術の進化進歩は凄まじいものがあって、
正直生演奏なんて全く無くたってJ-POPは十分成立しますが、そこをあえて不完全で、感情的で、思い通りにならない生演奏でやることが、やっぱりイイなぁと。

バンドマンなんだから生演奏で当たり前だろ?と思う人もいるかもしれませんが、生演奏してないバンドも結構沢山いたりして…まぁホント、テクノロジーの進歩はスゴイですよ。そしてまた、生身の不完全さもイイのですよ。そんな事を感じた一日でありました。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加