Hit In The U.S.A
もちろんすっかり忘れていたなんて事はなくて、
遅ればせながら、アメリカ大統領選もついに決着である。
おめでとう、ノッチ。(違うか)







日本にいる僕たち日本人からもある程度は想像できるが、
やっぱりアメリカに住んでるアメリカ人の人にとっては(?)
相当インパクトの大きい事らしいですよ。オバマ大統領は。
選挙前に米国の知り合いは、もしオバマが今回当選しなかったら
アメリカはもうダメだから移住する、って言ってたし(笑)
だからまぁ、みんな本当に新しい大統領に期待をしていて
未来は誰にも分からないけれど、必ずや「何か」をやってくれる人、
今を変えてくれる人を望んだ結果が、オバマさんだったのだと思う。
マケインさんを支持していた人は勿論悔しさもあるだろうけど、
大方のところ、これでみんなが「ホッとした」ていう雰囲気ですな。
僕が見たり聞いたりしてすごいなぁと思うのは、
やっぱり多くの国民=普通の人々が政治家や政府、国家に対して
色んな期待や、願いを掛けていて、そこに未来を見ているという事。
少なくとも、自分の人生に無関係な事だとは決して思っていない。
当たり前じゃん、って話なんだけれど、ことさらに日本の場合
永田町とか自民党とか、勿論野党にだって
自分の未来や人生を重ねてみるってのは、なかなか難しいよねぇ。
ものすごく退廃的でありきたりな意見だけど、
関係ね~んじゃん?て思いは、やっぱり僕にもある。
こういうのは結構、日本人独特というか、アメリカ人にはないなぁと
つくづく感じた今回の大統領選挙でした。
素直に、ちょっと羨ましい。こういう時に関してはアメリカ人が。
あんまり外国の人をイイなぁ~と羨ましく思うことはないんだけどね(苦笑)








それにしても、「Yes. We Can」ってベタだけど、イイよね。
こういうシンプルなコピーは好きだ。ベタだけど。
でもメチャクチャ考えて広告代理店とかと会議とかしまくって
考えに考え抜いたワンフレーズなんだろうな。
私たちは、出来る。
どんな事にだって、そういう姿勢で臨みたいですなっ。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加