Dyanaudio Air&TANOY Precision デジタルモニター対決中
20080626202049

この前のblogでちょっと話をした、今の自分のスタジオのリスニング環境について。最近また変更があったので備忘録がわりに(笑)

今ちょっとお試し中なのが、写真の下にあるTANNOY PRECISION 8Dというスピーカーで、いわゆるデジタルスピーカーです。で、上にある方が現在メインのDynaudio Air6というスピーカー。DVDで映画とか見たら最高だと思います。あと写真に写ってないニアフィールドモニターにADAM Audio S2.5というドイツ製のやつも使ってます。

これらのスピーカーなんかを全部Shunyata Reserch HYDRA8っていう電源コンセントに繋いで、200Vからダウントランスして動かしてます。繋いでる電源ケーブルやタップは全部藤枝おじいさん手作りのやつなんだけど、あまりにハンドメイドな見た目なので写せません(笑)。

色々試しつつ最近はこれに落ち着きました。ここで音楽を聴くと、お気に入りのCDとかだったら多分泣いちゃうくらい感動する、そんな音。仕事だったらどんなジャンルの音楽や曲を聴いても、毎回新しい発見がある。ホント音楽は飽きないし、楽しい。

それにしても、ここで改めて聴いてもFOURTUNESは音良いなー。我ながらどうやって作ったのか分かりません(笑)。
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加